Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

MFP用アプリケーションソフト「imagio カンタン文字認識 V2」を新発売
各種ファイル形式への変換機能の強化・改善により、情報の二次活用の利用範囲が拡大

2011年11月17日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、デジタル複合機(MFP)「imagio MPシリーズ」用アプリケーションソフトの新製品として、「imagio カンタン文字認識 V2」を新発売します。
 新製品は、2008年1月に発売し、発売当初からご好評をいただき、累計で20,000台以上のMFPに導入された「imagio カンタン文字認識 タイプA」の後継商品です。「imagio カンタン文字認識 タイプA」は、MFPでスキャンし電子データに変換した帳票を、データインプット用の入力フォームとして活用ができるほか、紙文書をMicrosoft社のExcelやWord、テキスト付きPDFファイルに変換できるなどの機能を備えていました。
 今回の新製品では、各種ファイル形式への変換機能を強化したほか、高圧縮PDFへの対応、見開き原稿の読み取り精度の向上、操作ステップのワンボタン化など品質面や操作性を改善しました。これにより、情報の二次活用の利用範囲が大幅に広がり、さまざまな業種・業務のお客様向けに新製品を活用した業務効率向上の提案が可能になります。

製品名 imagio カンタン文字認識 V2 imagio カンタン文字認識 V2 アップグレード
標準価格 98,000円(消費税別) *1 78,000円(消費税別) *2
発売日 2011年11月25日
販売数量 年間10,000本
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • 別途「imagio VMカード:標準価格 20,000円(消費税別)」が必要となります。
  • *1「カンタン文字認識エージェント V2(ライセンスフリー)」、「e.Typist for imagio V2(3ライセンス)」を同梱しています。
  • *2「imagio カンタン文字認識 タイプA」をご利用いただいていたお客様向け商品です。 「カンタン文字認識エージェント V2(ライセンスフリー)」を同梱しており、「e.Typist for imagio」を3ライセンス分まで「e.Typist for imagio V2」にアップグレードしてご利用いただけます。


‹新製品「imagio カンタン文字認識 V2」の概要›
新製品「imagio カンタン文字認識 V2」の概要

  • *Microsoft、Word、Excel、PowerPointは、Microsoft Corporationの、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  • *一太郎は、株式会社ジャストシステムの登録商標です。
  • *この他、このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。