Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

LED照明市場に参入
~エコソリューション事業を新規立ち上げ~

2011年4月21日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、この度、省エネルギー効果の高い製品群とそれによるソリューションを提供するエコソリューション事業を新規に立ち上げ、この事業の第1弾として、LED照明市場に参入いたします。

<エコソリューション事業について>

 リコーは従来から、環境保全と利益創出を同時に実現する「環境経営」を掲げ、積極的な環境負荷削減活動に取り組んできました。例えば、主力製品である複合機やプリンターにおいては、再生資源の利用により新たに地球環境から採取する鉱物・化石資源量を大幅に抑制したものづくりの実現、および枯渇リスクの高い主要材料や人体および環境へのリスクの高い化学物質などの削減・代替など、先進的な環境技術開発を進めております。
 リコーのエコソリューション事業は、こうしたリコーの傑出した環境技術を新規事業分野にも活かし、省エネルギー効果の高い新たな製品群を市場に投入するとともに、地球環境負荷の削減に寄与するソリューションをお客様に提供するものです。
 当面はLED照明をこの事業の核とし、複合機やプリンターなども包括したESCO事業としての活動も視野に入れて展開いたします。これにより、持続可能な社会の実現に貢献したいと考えております。

* ESCO事業:ビルや工場の省エネルギー化を実現するために必要なサービスを包括的に提供し、お客様の利益と地球環境の保全に貢献する事業。事業者は省エネルギーの効果を保証し、その効果に見合った報酬を受け取る。

<LED照明市場への参入について>

 地球環境保護に対する世界的な関心が引き続き高まる中、従来の白熱灯や蛍光灯に比べ、消費電力が少なくCO2の排出量も抑えられるLED照明の市場は、大きな広がりを見せています。リコーは、独自開発の技術とグローバルな販売・サービス網を活かし、エコソリューション事業の第1弾として、このLED照明市場に参入いたします。
 今後は特に、省エネに関する法規制への対応などから、オフィスにおけるLED照明の需要増大が見込まれており、まずは直管形LED照明を2011年7月から発売する予定です。省エネを実現する複合機やプリンターに加え、LED照明のご提供により、お客様のオフィスのさらなるCO2削減に貢献いたします。
 LED事業においてグローバル市場で、初年度(2011年度)に100億円規模、2013年度には1,000億円規模以上の売上げを目指します。

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます