Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコーフォトギャラリー「RING CUBE」写真展のご案内
Project Bashoフォトコンペ受賞作品展
「ONWARD」を開催

2011年3月30日
株式会社リコー

 株式会社リコーは、東京・銀座リコーフォトギャラリーRING CUBEにおいて、2011年5月4日(水)よりProject Bashoフォトコンペ受賞作品展「ONWARD」を開催いたします。

 「ONWARD」は、アメリカ・フィラデルフィアにある写真センター「Project Basho」が新進の写真家を発掘することを目的とし2007年から毎年開催しているフォトコンペです。アメリカそして日本を含む全世界からアート写真への新たな可能性に挑戦する作品を対象として毎年秋に募集しています。

 RING CUBEでは、応募総数約2,300点の作品の中から、審査員Larry Fink氏が選んだ入賞作品70点(最優秀賞者2名を含む入賞者63名、うち日本人入賞者3名)を展示いたします。また、審査員Larry Fink氏、最優秀賞者2名、そしてディレクターの伊藤剛氏の来日が予定されており、会期中にはLarry Fink氏によるポートフォーリオレビューも開催される予定です。

 リコーでは、RING CUBEが「写真を展示する場、鑑賞する場」にとどまらず、写真を楽しみ、写真を通じての自己表現を志す方々が集える場所、写真の可能性を広げていく拠点になることを目指しています。今後も、プロ・アマを問わず、幅広く写真家を紹介する企画を開催してまいります。

【Project Bashoの概要】
アメリカ・フィラデルフィアにある写真センター。2002年に伊藤剛氏により写真に興味のある人たちが集まることを目的とした『場所』として始められました。その基本理念は、地域に根ざした活動を通じて人々が写真とふれあう機会をもうけ、写真を通して芸術文化の発展をサポートしていくこと、そしてその「場所」を提供することです。「Project Basho」では、多岐にわたる写真ワークショップの開催のほか、ギャラリースペースでの展示やコンペの企画運営、レンタル暗室の運営および写真を通して文化を体験する撮影旅行の開催などを主な活動内容としています。

http://www.projectbasho.org

【Project Bashoフォトコンペ「ONWARD」の概要】
「Project Basho」が新しい写真家の作品を紹介する目的で毎年秋に企画運営しているフォトコンペ。2007年から始まり、審査員にはAndrea Modica、Debbie Fleming Cafferyなどアメリカ写真界でも実力派として認められる写真家を招いています。現在「ONWARD」は、アメリカ国内において若手写真家の登竜門として多くの応募作品を集め、審査員によって選ばれた作品は「Project Basho」での展示のほかインターネットを通じて国内外に広く紹介され、写真家の次なる可能性を広げるきっかけともなっています。英語以外に日本語、スペイン語での情報発信も行われ、アメリカ国外からの参加も着実に増やしています。

http://onward.projectbasho.org/ 
http://onward.projectbasho.org/onward11-guideline-jp.pdf

【審査員の写真家Larry Fink氏について】
アメリカの写真教育者として40年以上も活躍、作品はファインアートにとどまらず、ドキュメンタリーやコマーシャルと幅広く、ニューヨーク近代美術館、ホイットニー美術館、サンフランシスコ美術館、ベルギーのローザヌ写真美術館、スイスのエリゼ美術館で個展、グッゲンハイム財団奨励賞を1976年と1979年の二回も受賞。ニューヨークの富裕層とアメリカの労働者階級の格差に視点を当てた作品で良く知られている。

http://www.larryfinkphotography.com/