Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、COP10におけるドキュメント出力環境の運用管理業務を受託
~環境やセキュリティにも配慮したMDSの提供でCOP10の運営を支援~

2010年10月6日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、COP10(「COP10:生物多様性条約第10回締約国会議」および「COP-MOP5:カルタヘナ議定書第5回締約国会議」)において、会期中、会議で用いられるドキュメントの出力運用管理業務を受託しました*1。想定されるドキュメントの出力環境について、マネージド・ドキュメント・サービス(MDS)の提供により、効率的なドキュメント出力環境を実現するための最適な機器の配置を行うほか、運営品質の維持、改善を会期中継続して行います。また、保守サポートを24時間体制で行うなど、リコーおよびリコージャパン、リコーテクノシステムズ、リコーロジスティクスが連携してCOP10の円滑な運営進行を支援いたします。

 今回提供するドキュメント出力環境は、消費電力量の少ない省エネ技術が搭載されたリコーのデジタル複合機やプリンターあわせて114台により構成されています。また、運用管理業務フローの中には不要な機密文書の回収・溶解サービスが盛り込まれているなど、環境やセキュリティに配慮した運用を可能にします。
 採用にあたっては、(1)リコーグループが、持続可能な社会の実現を目指し、環境保全と利益創出の同時実現を目指す「環境経営」を掲げて、積極的な環境負荷削減活動に取り組む一方で、地球の再生能力の向上も経営の責任であるとの認識のもと、早くから生物多様性保全活動に取り組んでいる企業姿勢や、(2)製品そのものの持つ環境性能に加えて、調達から生産、販売、廃棄にいたる製品のライフサイクルのあらゆるステージで環境負荷削減に取り組む考え方が、評価されました。

 COP10は、多様な生き物や生息環境を守り、その恵みを将来にわたって利用するために生物多様性条約を結んだ国が集まる会議(締約国会議)の10回目。2010年目標の達成状況の検証や新たな目標(ポスト2010年目標)の策定が主な議題となります。

いのちの共生を、未来へ COP10/MOP5 愛知-名古屋2010
・生物多様性条約 第10回締約国会議 10月18日(月)~29日(金) 名古屋
・カルタヘナ議定書 第5回締約国会議 10月11日(月)~15日(金) 名古屋

 *1本案件はコンベンションなどを専門的かつ総合的に組織・企画・運営する大手PCO(Professional Congress Organizer)を通じて契約が成立しました。

 【マネージド・ドキュメント・サービス(MDS)について】
 マネージド・ドキュメント・サービス(MDS)は、お客様のオフィスでのドキュメント入出力状況を詳細に分析し、最適な機器の配置や効率的なワークフローを提案、そのプリンティング環境の運用・管理を一括で請け負い、ドキュメントワークフローまで含めた提案、継続改善を行うサービスです。リコーグループはMDSをグローバルに展開しています。

 【リコーOA機器レンタルサービスについて】
 最適なOA機器を必要な期間・要件に合わせてレンタルでご提供するサービスです。レンタル機器の物流、設置、保守をリコーグループにて全国均質・ワンストップでご提供します。
 URL:http://www.ricoh.co.jp/outsourcing/oa_rental/

 【リコーグループ生物多様性保全について】
 リコーグループは、地球環境を保全するには、環境負荷を削減するだけでなく、地球環境の回復力を維持し、高めていくことも重要であるという認識のもと、1999年から、森林保全プロジェクトや、社員による自主的な活動の推進する「環境ボランティアリーダー養成プログラム」などに代表される生態系保全活動を展開してきました。また、活動を広く推進するため、シンポジウムの開催や、志を同じくする企業との連携なども「環を拡げる活動」と位置付けて積極的に推進しています。2009年3月には、「リコーグループ生物多様性方針」を策定。事業活動において生物多様性に配慮する具体的な方針をいち早く明らかにしました。この方針に基づき、リコーグループでは、事業活動全体が生物多様性に与えている影響の削減に努め、「省エネ・温暖化防止、省資源・リサイクル、汚染予防」の環境負荷削減の3つの柱と同様に、経営の責任として生物多様性の保全に貢献していきます。
 URL:http://www.ricoh.com/ja/ecology/biodiversity/