Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

カラープロダクションプリンター「RICOH Pro C901/C901S」を新発売
~ワークフローソリューション「TotalFlow」を展開~

2010年10月4日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、カラープロダクションプリンターの新製品として、「RICOH Pro C901/C901S」を発売いたします。
  新製品は、従来機「RICOH Pro C900/C900S」(C900:2008年10月発売、C900S:2009年2月発売)の高速性能をそのまま引き継ぎ、さらなる高画質化を実現し、また用紙対応力と操作性を向上しました。

製品名 RICOH Pro C901 RICOH Pro C901S
連続プリント スピード*1 カラー 90枚/分 90枚/分
モノクロ 90枚/分 90枚/分
コピー/スキャナー機能 なし あり
標準価格(消費税別) 1,230万円 1,520万円
発売日 2010年10月20日
販売台数 150台/年間

*1 A4横送り時。

 機器のご提供に加え、多様化するお客様のニーズにお応えするために、ワークフローを最適化するソリューション「TotalFlow」を展開してまいります。「TotalFlow」とは、リコーが提供する様々なソリューション製品群*2の総称です。印刷データの入稿から、編集/変換、印刷、後処理までのワークフローを統合的に管理し、お客様の印刷ビジネスをサポートします。
  *2具体的な製品は、2011年より順次発売予定。

  新製品「RICOH Pro C901/C901S」と「TotalFlow」は、印刷物の多品種化・小ロット化・短納期化のニーズがますます高まってきている商業印刷市場や企業内印刷市場において、その性能を発揮します。

<新製品 RICOH Pro C901 / C901Sの主な特徴>

1. オイルレスの重合トナーの採用などにより、高画質を安定供給
リコー独自の重合法によるオイルレスの新カラーPxPトナーを新たに採用。ドットやベタ画像の再現性が向上し、高精細な画質を実現しました。
継ぎ目のないシームレスな中間転写ベルトと2連のクリーニングベルトの搭載により、ベルト表面を最適な状態に維持することができ、安定した高画質出力を実現しました。
null
2. 高速プリント/コピー/スキャンにより、高い生産能力を発揮*3
連続のプリント/コピー*3スピードは、フルカラー/モノクロともに毎分90ページ(A4横送り)を実現。用紙厚を問わず(60~300g/m2)、同速対応し、高い生産性を維持します。
スキャナー*3の読み取り速度も、フルカラー/モノクロともに毎分75ページ*4と高速を実現しました。
*3コピー機能とスキャナー機能は、RICOH Pro C901Sのみ対応。
*4A4横送り、200dpi文字モード。原稿サイズ混載時は除く。
Fiery Remote Scan時は、フルカラー/モノクロ毎分50ページ。
null
3. 新たな定着機構の開発により、用紙対応力を向上
オイルレストナーの採用に伴い新規の定着機構を開発。定着ベルトの素材変更、定着ローラーの大径化により、用紙対応力を向上しました。
従来機に比べ、両面時の用紙厚は60~300g/m2までの対応が可能*5になりました。
*5従来機「RICOH Pro C900/C900S」の両面時の用紙対応力は、60~220g/m2
null
4. 優れた操作性と充実機能で、出力業務をサポート
操作パネルには、10.4インチの大型カラーTFT液晶を採用。視認性に優れ、高い操作性を実現しました。
トナー切れや万一の紙詰まりの際に、光と音でお知らせするオペレーターコールライトを標準装備。マシンから離れた場所からも状態の確認が可能です。また、トナー交換などの手順を、操作パネル上にアニメーションで表示。操作に不慣れな方でも簡単に処理することが可能です。
お客様がご使用になる用紙銘柄や用紙厚ごとに、印刷条件の設定登録が可能(100件)。操作パネル上で、登録された内容を選択するだけで、最適な印刷結果を得ることが可能です。
null
5. 多彩なオプションにより、業務効率を向上
大容量の給紙ユニットやスタッカーをはじめ、くるみ製本、リング製本、中綴じ製本などに対応する多彩なオプションを用意。業務効率の向上に貢献します。
断裁機能を強化し、従来のくるみ製本時の三方裁断*6に加え、新たに中綴じ製本時の小口断裁*7が可能になりました。これにより、品質の高い仕上がりを実現します。
*6オプションの「RICOH くるみ製本機 GB5000」使用時。
*7オプションの「リコー 2500枚フィニッシャー SR5020」と「リコー トリマー TR5020」使用時。

RICOH Pro C901S(オプションを装着したもの)
RICOH Pro C901S
(オプションを装着したもの)
※ EFI、Fieryは、Electronics For Imaging, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

※ この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。