Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

GXR」、「GR DIGITAL III」用機能拡張ファームウェアをリリース

2010年5月17日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、高画質コンパクトデジタルカメラ「GXR」(2009年12月発売)向け機能拡張ファームウェアの第一弾と、「GR DIGITAL III」(2009年8月発売)向け機能拡張ファームウェア第二弾を、それぞれ2010年5月19日にリリースいたします。

 機能拡張ファームウェアは、お客様登録時のアンケート情報などを通じて数多くのお客様からいただいたご意見・ご要望なども参考にさせていただきながら、すでにお買い上げいただいた「GXR」、「GR DIGITAL III」に、新しい機能や設定可能な項目等を増やすことで、さらに性能、使い勝手を向上させ、最新の機能にアップデートするものです。

 「GXR」は、ボディ内部に撮像素子を持たず、「レンズ、撮像素子、画像処理エンジン」が一体となったカメラユニットを、ボディにスライドイン・マウント方式で着脱することにより、
レンズ交換ができる画期的なユニット交換式カメラシステムです。

 「GR DIGITAL III」は、2007年11月に発売した「GR DIGITAL II」の後継機で、開放F値1.9の大口径レンズを搭載し、高い画質をコンパクトなボディで実現しています。

 機能拡張ファームウェアおよび機能の使用説明書は、リコーウェブサイト上から無償でダウンロードしていただけます。

1.GXR 機能拡張ファームウェア 第一弾

<拡張される機能>

(1) ノイズリダクション性能が向上
 ノイズリダクションの設定項目に「MAX」を追加しました。「MAX」選択時は画像データのノイズ分布を解析し、領域に応じて最適な処理を行いますので、暗い場所での
画質がより一層向上します。
(2) シーンモード夜景・遠景でノイズリダクションを追加
 SCENEモードの中の夜景・遠景でのノイズリダクションを設定できるようになりました。
(3) [ADJ. ISO ダイレクト変更]機能を追加
 セットアップメニューに追加された[ADJ. ISO ダイレクト変更]機能を[ON]に設定すると、撮影が可能な状態のとき(シャッターボタンを半押し中)にADJ.レバーを左右にたおしてISO 感度を変更できます。
(4) ホワイトバランスの「白熱灯」が2種類に
 従来「白熱灯」のみだったホワイトバランスが「白熱灯1」、「白熱灯2」の2種類になりました。「白熱灯2」では、「白熱灯1」に比べてやや赤味を残して撮影するもので、従来の「白熱灯」設定と同等になります。
(5) シャッタースピード自動シフト機能を追加
 シャッタースピード優先モードで、露出オーバーまたは露出アンダーになるような場合、設定をONすることにより、適正露出が得られるシャッタースピードになるよう自動的に調整します。
(6) フラッシュ、セルフタイマー選択がアップダウンダイヤルで可能に
 アップダウンダイヤルでも、フラッシュやセルフタイマーの設定変更が可能となりました。
(7) マイセッティング編集でズームポジション変更
 マイセッティング編集でズームポジションを変更することができます。
(RICOH LENS S10、RICOH LENS P10使用時)
(8) マクロAF距離制限を追加
 GR LENS A12 50mm F2.5 MACROでのマクロ撮影時に撮影距離(オートフォーカスのピントが合う距離)を10-30cmと7-10cmで選択可能とし、AF速度が向上しました。
(9) フォーカスリング高速移動(GR LENS A12 使用時)
 マニュアルフォーカス時にマクロボタンを押している間は、フォーカスリングの移動速度が高速になります。
(10) 詳細情報表示、Exifにカメラユニットの情報表示を追加
 詳細情報表示とExif情報にカメラユニットごとにA12、S10、P10のカメラユニットの情報が表示されます。
(11) セットアップメニュー ファームウェアバージョン情報表示を追加
 セットアップメニューに、ファームウェアバージョン情報表示項目を追加しました。


2.GR DIGITAL III 機能拡張ファームウェア 第二弾

<拡張される機能>

(1) ノイズリダクションの性能が向上
 ノイズリダクションの設定項目に「MAX」を追加しました。「MAX」選択時は画像データのノイズ分布を解析し、領域に応じて最適な処理を行いますので、暗い場所での画質がより一層向上します。
(2) オートブラケットの設定項目を変更
 最大2.0EVまでの露出差でのオートブラケット撮影が可能になりました。また、変更の順番をショットごとに設定することも可能です。
(3) 撮影画像のトリミングが可能に
 再生した画像をトリミングして、別のファイルとして記録することができるようになりました。画像の縦横比を「1:1」でトリミングすることも可能です。
(4) ホワイトバランスの「白熱灯」が2種類に
 従来「白熱灯」のみだったホワイトバランスが「白熱灯1」、「白熱灯2」の2種類になりました。「白熱灯2」では、「白熱灯1」に比べてやや赤味を残して撮影するもので、従来の「白熱灯」設定と同等になります。
(5) シャッタースピード自動シフト機能を追加
 シャッタースピード優先モードで、露出オーバーまたは露出アンダーになるような場合、設定をONすることにより、適正露出が得られるシャッタースピードになるよう自動的に調整します。