Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

マネージドITライフサイクルサービス」の提供を開始
~ PCの導入計画から調達・資産管理・回収業務までをクラウド環境で支援 ~

2010年4月28日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、ITサービス総合メニュー「ITKeeper(アイティキーパー)」に加わる新商品として、中堅・大手企業におけるPCの運用管理業務を受託する「マネージドITライフサイクルサービス」を4月30日から提供開始いたします。

  企業は、TCOの削減やコアビジネスへの集中など多岐にわたるオフィスでの課題を抱えています。また、昨今の厳しい経済状況から多くの企業がさらなるコスト削減を求め、IT資産の調達においても特に中堅・大手企業を中心に、情報システムを「所有する」という形態から、「利用する」形態へと、情報システムマネジメントを変革する機運が高まっています。

 新商品では、PCの導入計画から、調達、導入・設置、運用・管理、保守、回収にいたるPCのライフサイクル全体をワンストップで受託し、月額料金で提供します。これにより、PCの入れ替えに伴う初期投資を抑制することが可能です。また、PCの調達申請やご利用機器情報の管理サービスをクラウド環境でご提供することで、システムの維持・運用コストを削減します。さらに、障害発生時にはリコーの全国サービス網を活かした訪問保守サービス提供が可能です。これにより、お客様はPCのライフサイクルに関わる煩わしい付帯業務から解放されます。

 これまでリコーでは、PCのハードウエア・ソフトウエアの稼働状況を把握するための管理システムを1996年に社内に導入して以来、PCの調達から運用保守、回収まで一元的に管理できるシステムに改修しながら、約10年以上運用してきました。一方、お客様のご要望に合わせた情報システムの構築や運用、保守などをワンストップで提供してきました。

 リコーは、こうした社内実践やお客様へのサービス提供で培ったノウハウと共に本サービスをお客様にご提供していきます。また今後は、複合機やプリンターなどオフィスの出力環境を運用・管理するManaged Document Services(マネージドドキュメントサービス)と組み合わせ、オフィストータルでの価値提供を行うことにより、お客様へのさらなるサービス提供範囲の拡大とサービス提供レベルの向上に努めます。

<新商品「マネージドITライフサイクルサービス」の主な特徴>

1. 調達申請システムの提供でTCOを削減
 調達申請システムの提供により、PC調達に関わるお客様の業務負荷を軽減します。また、調達申請システムはクラウド上で提供されるため、システムの維持・運用コストを削減します。
 さらに、オプションとして、PCマスター作成、現地サポート、資産管理ASP、情報漏えい対策ASP、ヘルプデスク等をラインアップすることにより、PCライフサイクルに関わるお客様のさまざまなご要望にお応えします。
null
2. 月額料金での提供によりお客様のキャッシュフローを改善
 通常、導入時に発生するコストを月額料金として回収するため、PC利用における運用・管理コストが明確となり、お客様のキャッシュフローが平準化されます。また、お客様の経費計画に基づいたPCの調達と運用が可能になります。
null
3. IT資産の統合管理によるIT統制の強化
 従来個人単位の管理では統制しきれなかったIT資産を統合管理することができます。また、クラウド上でサービスを提供することにより、お客様は新たなシステム資産を持つことなく、契約情報など利用機器の基本情報を照会できます。さらに、基本ソフト(OS)のパッチ適用状況やウイルス対策ソフトの更新状況を確認できることに加え、各PCに導入されているソフトウエア情報も自動で管理できるため、規定外ソフトウエアの利用やライセンス違反を未然に抑止できます(オプション)。
null
4. リコーにおけるPC資産管理の経験・実績に基づくサービス
 PC導入に関してリコーが抱えていた課題を解決するために実際に導入した仕組み(PC資産管理、PCレンタル制度)をベースに作られた実績のあるサービスを提供します。マルチベンダーのPCに対応可能です。
null
5. センター&オンサイトサービスで安心のサービス
 ハードウエア障害から、OSおよびソフトウエアの操作問合せまで、PCの運用をトータルにサポートします。訪問が必要と判断した場合には、全国398拠点、約4000名※1のカスタマーエンジニアが、訪問保守を実施します。さらに、ヘルプデスクで障害の切り分けからハードウエア修理の手配、操作問合せまでを一元受付するなど、安心してご利用いただけるサービスです。
※1.2010年3月末時点

■「マネージドITライフサイクルサービス」メニュー

メニュー名 サービス概要
標準
サービス
PCレンタル PC機器提供サービス
調達申請システム Webワークフローでの
PC利用の申請・変更・返却システムの提供
キッティング・配送 マスターPCからのクローニング、PCの出庫
一元受付手配 障害コール受付、代替機出荷手配、機器回収手配
代替機保守 代替機のキッティング・出荷、故障機器の引き取り
機器回収 利用期間満了PCの回収作業
データ消去 回収したPCのデータ消去作業
利用機器管理 Webワークフロー上でのレンタル機器情報の公開
オプション
サービス
計画策定支援 現状調査、機器選定、導入計画作成
PCマスター作成 クローン生成用マスターPCの作成
現地サポート レンタルPC障害時の現地代替機交換作業
情報漏えい対策ASP 操作ログの収集、
特定の操作やイベント検知によるアラート通知
資産管理ASP インベントリ情報の自動収集、
検索・レポート機能の提供
ヘルプデスク OS、指定アプリケーション(Officeなど)の
操作問い合わせ対応
初期導入作業 現地設置作業の実施

販売目標、販売価格(例)
販売目標:3年間で150社、260億円
販売価格(例):1PCあたり月額4,800円(消費税込み) ※2

※2 標準サービスでPC1,000台を3年間利用する場合の月額参考価格。但し、機種・契約台数・契約期間により価格は異なります。

※その他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。