Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコーフォトギャラリー「RING CUBE」写真展のご案内
Alex Prager(アレックス・プレガー)写真展“Week-end”を開催

2010年3月10日
株式会社リコー

 株式会社リコーは、東京・銀座リコーフォトギャラリーRING CUBEにおいて、2010年4月28日(水)よりアレックス・プレガー写真展“Week-end”を開催いたします。

 今回の企画は、ロンドンの世界的著名ギャラリーMichael Hoppen Contemporary*とのコラボレーションにより実現した、アレックス・プレガー氏の日本における初の個展です。

  “Week-end”は、奇妙かつ強烈なインパクトを持つ18枚のカラー写真からなる作品です。今回は最大約120cm×180cmの作品を含むオリジナルプリントを展示いたします。

  「この世の中に存在する世界と、存在しない世界を同時にドキュメントしている」とプレガー氏が話しているとおり、“Week-end”で描かれている世界は、幻想の風景にも関わらず現実の世界をよりリアルに表現しているかのように感じられます。

 リコーでは、RING CUBEが「写真を展示する場、鑑賞する場」にとどまらず、写真を楽しみ、写真を通じての自己表現を志す方々が集える場所、写真の可能性を広げていく拠点になることを目指しています。今後も、プロ・アマを問わず、幅広く写真家を紹介する企画を開催してまいります。

*Michael Hoppen Contemporaryとは?
ロンドンにある世界的著名ギャラリーMichael Hoppen Gallery内に2000年に新設されたギャラリー。ロンドンを始め、日本、アメリカ、オランダなどの国々における著名作家や新進作家の作品を世界に発信している。
www.michaelhoppengallery.com

【Alex Prager(アレックス・プレガー)プロフィール】
1979年ロサンゼルス生まれ。
20代前半にゲッティミュージアムで見たウィリアム・エグルストンの展示をきっかけに写真へ傾倒。あえてアートスクールに通う事を避け、自ら写真を勉強し、機材やライティング技術も全て試行錯誤から習得。
以来、彼女の作品はロサンゼルスを始め、ニューヨーク、マイアミ、ロンドンなど世界各地で展示されてきた。また、「DETAILS」、「i-D」、「TANK」、「Elle JAPON」、「MOJO」、そして「complex」などの雑誌でも活躍。
2010年6月には、ロンドンのマイケルホッペンコンテンポラリーでの個展も開催する。

【写真展概要】
名  称 : Alex Prager(アレックス・プレガー)写真展“Week-end”
展示作品数 : 18点
主  催 : 株式会社リコー
期  間 : 2010年4月28日(水)~2010年5月23日(日) ※休館日を除く
場  所 : リコーフォトギャラリーRING CUBE
所 在 地 : 東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター8・9階(受付9階)
電  話 : 03-3289-1521
開館時間 : 11:00~20:00(最終日17:00まで)
休 館 日 : 火曜日
入 場 料 : 無料
URL : http://ringcube.jp

【写真展に関するお問い合わせ先】
RING CUBE
電 話 03-3289-1521