日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

重要なお知らせ

「Ripple20」によるリコー製品への影響について

2020年7月31日
株式会社リコー

日頃は弊社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

JSOFによって2020年6月16日に公開されたセキュリティ上の脆弱性群である「Ripple20」について弊社製品への影響についてお知らせいたします。リコー製品を引き続き安心してお使いいただくために、下記ご確認の上、適切な対策を実施していただきますようお願いいたします。

1. 対象のリコー製品

機種名 該当CVE番号
IPSiO GX e7700/GX e7700
(安心3年モデル)
IPSiO GX e3300/GX e3300
(安心3年モデル)
  • CVE-2019-12264
  • CVE-2020-11901
  • CVE-2020-11903
  • CVE-2020-11907
  • CVE-2020-11910
  • CVE-2020-11912
  • CVE-2020-11911
海外機種につきましては、以下グローバルサイトにてご確認ください。
URLhttps://www.ricoh.com/info/2020/0708_1
影響を受けたプリンターには、対象機器の操作停止やメモリ破壊などを引き起こす可能性のある脆弱性がありますが、踏み台攻撃や機密情報の漏洩などには利用できません。

2. 対応について

「ソフトウェアダウンロード」サイトから最新のファームウェアをダウンロードし、アップデートを行ってください。

準備が整い次第、ドライバーサイトでさらにアップデートされたファームウェアを公開していきます。

機種名 ファームウェア Ver
「ソフトウェアダウンロード」サイト
該当CVE番号
IPSiO GX e7700/GX e7700
(安心3年モデル)
ver.1.15
https://support.ricoh.com/bbv2/html/dr_ut_d/ipsio/history/w/bb/pub_j/dr_ut_d/4101015/4101015692/V115/5227850/227850/history.htm
CVE-2020-11907
IPSiO GX e3300/GX e3300
(安心3年モデル)
ver.1.19
https://support.ricoh.com/bbv2/html/dr_ut_d/ipsio/history/w/bb/pub_j/dr_ut_d/4101012/4101012811/V119/5227851/227851/history.htm

セキュリティリスクを低減するために、以下のようにご使用ください。

  1. ファイアウォールで守られたネットワーク環境でご使用ください。
  2. 十分に複雑で長いパスワードを設定してください(8桁以上を推奨)。
  3. 部外者が勝手に操作できないような環境でご使用ください。
  4. 利用者が限定されたネットワーク環境でご使用ください。

3. 本件に関するお問い合わせ先

リコーテクニカルコールセンター 0120-187-430

※対応時間:
祝日を除く月~金 9:00~17:00

以上