日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

お知らせ

リコーグループ サーキュラーエコノミーレポート2021」を発行

~経済産業省・環境省のガイダンスに沿った日本企業初の報告書~

2022年3月3日
株式会社リコー

株式会社リコーは、ステークホルダーとの対話を深めるため、情報開示強化の一環として「リコーグループ サーキュラーエコノミーレポート2021」を発行しました。本レポートは、2021年1月に経済産業省・環境省が公表した「サーキュラー・エコノミーに係るサステナブル・ファイナンス促進のための開示・対話ガイダンス」に沿った日本企業初*1のサーキュラーエコノミーをテーマとした報告書で、循環型社会の実現に向けたリコーグループの取り組みを報告するものです。

ESG情報の開示フレームワークの調和が世界的に進む中で、サーキュラーエコノミーに特化して政府が策定した世界初の開示・対話のためのガイダンスを機会と捉え、このガイダンスに沿って情報発信し、ステークホルダーの皆様と対話を深めてまいります。

リコーグループ サーキュラーエコノミーレポート2021

「リコーグループ サーキュラーエコノミーレポート2021」発行の背景・目的

近年、世界的な人口増加に伴う資源枯渇や海洋プラスチックごみ問題が深刻化する中、サーキュラーエコノミーへの関心が高まっており、資源消費に依存しないビジネスモデルの重要性が増しています。

リコーグループは、循環型社会実現のコンセプトとして1994年に制定した「コメットサークル™」の考え方に基づき、約30年にわたりライフサイクル全体での資源の有効活用を推進し、循環型社会の実現に向けた取り組みを進め、活動を通じて製品・部品再生の事業化を実現してきました。本レポートでは、ESG目標を将来財務と位置付けるリコーグループが、この事業化をどのように達成してきたかの変遷や、取り組みを通じて獲得した多くの技術・ノウハウをもとに、将来に向けてどのような循環型ビジネスに挑戦しているかを報告しています。

「リコーグループ サーキュラーエコノミーレポート2021」の主なポイント

  • 約30年にわたる循環型社会の実現に向けた取り組みの全体像を説明
  • 経済産業省・環境省のガイダンスに基づき、方針・戦略およびリスク・機会の観点で整理
  • 事業化の具体事例や今後の将来財務を生み出す循環型ビジネスへの挑戦を記載
*1
リコー調べ
英語版は、3月末に発行予定。

| リコーグループについて |

リコーグループは、お客様のデジタル変革を支援し、そのビジネスを成功に導くデジタルサービス、印刷および画像ソリューションなどを世界約200の国と地域で提供しています(2021年3月期グループ連結売上高1兆6,820億円)。
imagine. change. 創業以来85年以上にわたり、お客様の“はたらく”に寄り添ってきた私たちは、これからもリーディングカンパニーとして、“はたらく”の未来を想像し、ワークプレイスの変革を通じて、人々の生活の質の向上、さらには持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。