日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

お知らせ

CVPR2020にてAIを活用した360°画像の超解像技術に関する活動成果を発表

2020年6月10日
株式会社リコー

株式会社リコーは、6月15日(日本時間)から開催されるコンピュータビジョンの主要国際学会CVPR2020(IEEE/CVF International Conference on Computer Vision and Pattern Recognition)のワークショップOmniCV: Omnidirectional Computer Vision in Research and Industryにおいて、リコーグループの研究者がAIを活用した360°画像の超解像技術(Image Enhancement)に関する活動の成果を発表することをお知らせいたします。本成果はリコーとリコーソフトウェア研究所(北京)有限公司との共同プロジェクトによるものです。

本技術は、AI(人工知能)を活用して開発されたもので、360°画像を活用した新しい働き方の実現に貢献するソリューションとなっています。特に不動産業界においては、物件をオンラインで遠隔内見する取り組みが加速しており、訴求力のあるコンテンツを効率良く作る仕組みが必要とされています。リコーは、本技術をバーチャルツアー作成サービス「THETA 360.biz」に組み込み、アップロードされた360°画像をクラウドサービス上で高画質化することで、バーチャルツアーがより多くの事業活動に貢献できるようになりました。

リコーはその場の空気感を丸ごと写し取る“写場”をコンセプトに、1度の撮影で360°画像を撮影できるカメラ「RICOH THETA」を開発して2013年に世に送り出し、フロントランナーとしてさまざまなモデルやサービスを提供してきました。また、サービス面においても、「THETA 360.biz」でさまざまな技術を新機能としてお客様に提供できるレベルまで高める体制も持っています。

今後もリコーは、360°画像処理技術を進化、発展させ、お客様にとってより魅力あるデジタルサービスを提供すると共に、はたらく人の創造力を支え、ワークプレイスを変えるサービスを提供してまいります。

AIを活用した超解像技術について

360°カメラは撮影範囲が広く、ユーザーがどこでも好きなところを見ることができるという利点がありますが、その反面、画像を拡大した際にはその解像度が一般的なデジタルカメラに比べて劣ってしまうという問題がありました。
リコーのAIを活用した超解像技術は、自社の保有する高画質コンパクトデジタルカメラGRの画像を教師データとして、RICOH THETAの画像とペアにしたデータセットを作成してAIに学習させることで、RICOH THETAの画像を改善します。360°画像全体の解像度、ノイズ、色収差などの多くの要素を全面的に補正し、画質を飛躍的に向上させることが可能となりました。
詳細につきましては以下のページをご参照ください。

CVPR2020について

CVPR(Computer Vision and Pattern Recognition)は、毎年世界トップのAI企業や世界中の大学の研究所が論文を発表する、権威あるコンピュータビジョンのトップカンファレンスです。学生から研究者までさまざまな参加者が世界中から集まります。
より詳しくは以下のページをご参照ください。


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2020年3月期リコーグループ連結売上高は2兆85億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の“はたらく”をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。