日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

お知らせ

第23回環境コミュニケーション大賞 審査委員会特別優秀賞を受賞

2020年2月20日
株式会社リコー

「リコーグループ統合報告書2019」および「リコーグループ ESGデータブック 2019」が、「第23回環境コミュニケーション大賞」(環境省および一般財団法人地球・人間環境フォーラム共催)の環境報告部門において、審査委員会特別優秀賞(第23回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)を受賞し、2月19日、東京都品川区内で表彰式が行われました。

「環境コミュニケーション大賞」は、環境省および一般財団法人地球・人間環境フォーラムが、CS報告書や統合報告書、環境経営レポートなどあらゆる媒体の中でマルチステークホルダー向けの優れた環境報告を表彰することで、事業者を取り巻く関係者との環境コミュニケーションを促進し、環境への取り組みを一層活性化することを目的としています。

左から)審査委員長 八木裕之氏、リコー広報室 企業情報グループリーダー 梅澤信彦

リコーグループ統合報告書2019

リコーグループ ESGデータブック 2019

受賞の主な評価ポイントは以下の通りです。

  • 環境創造モデルの開示に財務・非財務指標の経年グラフとその解説が添えられており企業価値向上の進捗状況が分かり易い。5つのマテリアリティと8つのSDGsを関連付けて評価指標を選定し、それぞれに対しどのように貢献していくかを事業領域毎に整理している点が優れている。環境分野では温暖化防止と省資源の2050年のありたい姿と、そのマイルストーンとしての2030年の定量指標並びに、具体的な施策が体系的に開示されており説得力がある。
    TCFDフレームワークに対応し、各推奨開示項目を詳細に開示している。シナリオ分析については過程と結果を丁寧に説明しており、特に、特定したリスクについて財務的なインパクトレベル(数百億円、数十億円等)を評価している点が優れている。

| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2019年3月期リコーグループ連結売上は2兆132億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。