Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

お知らせ

北海道電力、関西電力、四国電力、九州電力による計画停電に関する製品の電源に関する取り扱い方法について

更新日2012年7月9日
2012年7月5日
株式会社リコー

北海道電力、関西電力、四国電力、九州電力において、今夏の電力需給が逼迫した際に計画停電が実施される可能性があります。
突然の停電による不具合を防止するため、あらかじめお手持ちの各商品の使用説明書(冊子またはCD‐ROM)に記載されている手順で電源を切っていただき、計画停電に備えていただきたくお願い申し上げます。

画像機器製品の主電源の切り方について

■代表的な機種の操作方法
・複写機/複合機    電源の切り方(PDF:491K)
・レーザープリンター   電源を切る(PDF:744K)
・プロダクションプリンター   電源の切り方(PDF:606K)
※FAX機、FAX搭載複合機に関する注意事項 : こちらをご参照ください。
【参考情報】よくあるご質問「複合機本体の電源の切り方 / 入れ方について (imagio シリーズ)

■お手持ちの使用説明書の主電源操作方法に関するページ一覧
こちらのPDFをご参照ください。
計画停電に関する製品の主電源に関する取り扱い方法について(PDF:116K)

その他の製品のお取扱いについて

プロジェクター

「ダイレクトシャットダウン機能(突然電源が切れても問題が起こらない機能)」が搭載されています。

RICOH Unified Communication System(以下RICOH UCS)

RICOH UCS商品をご使用中、突然の停電等により電力供給が遮断された場合、機器が損傷するおそれがあります。
計画停電の予定が事前に分かっている場合は、おそれいりますが、電源をお切りいただきますよう、宜しくお願いいたします。

対象機器 
 RICOH Unified Communication System P3000
 RICOH Unified Communication System S7000

P3000/S7000の電源の切り方(PDF:119K)

デジタルカメラ

デジタルカメラにACアダプターを装着してご使用の際、突然の停電等により電力供給が遮断された場合に以下の不具合が起きることがあります。計画停電の予定が事前に分かっている場合は、おそれいりますが、ACアダプターを装着してのご使用は行なわないようにお願いいたします。

■撮影中
画像ファイルが保存されない、破損する

■ファームウェアのバージョンアップ操作中
カメラが起動出来なくなる