Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

お知らせ

「リコー ユニファイド コミュニケーション システム P3000」が北米のデザイン賞「IDEA 2012」で銅賞を受賞

2012年7月2日
株式会社リコー

株式会社リコーの遠隔映像コミュニケーション用ポータブル端末「リコー ユニファイド コミュニケーション システム P3000」が、北米の国際的なデザイン賞である「IDEA 2012 (International Design Excellence Awards)」の銅賞を受賞しました。

リコー製品の銅賞受賞は、昨年のデジタルカメラ「GXR」に続き2年連続となります。この「リコー ユニファイド コミュニケーション システム P3000」は、2011年度グッドデザイン賞(日本)、2012年度iFプロダクトデザイン賞(ドイツ)も受賞しており、今回のIDEA銅賞の受賞により、世界的に著名な3つのデザイン賞を受賞することができました。
また、超短焦点プロジェクター「IPSiO PJ WX4130N/4130」とカラープロダクションプリンター「RICOH Pro C751EX/C651EX」も、今回のファイナリストに選定されました。

「IDEA賞」は、Industrial Designers Society of Americaが主催するアメリカで権威のある賞のひとつであり、世界的に著名なデザイン賞です。デザインの革新性、機能性、環境への配慮などの複数の評価基準をもとに審査されており、「IDE A 2012」では世界32カ国1,700点の応募の中から、金賞35点、銀賞69点、銅賞112点、ファイナリスト600点が選ばれました。

<銅賞>

遠隔映像コミュニケーション用ポータブル端末
「リコー ユニファイド コミュニケーション システム P3000」


コンセプトは「いつでも・どこでも、だれでも・だれとでも、コミュニケーション」。持ち運びに便利なコンパクトかつ軽量設計で、簡単操作を実現しています。リコー独自の通信制御技術の採用と、クラウド上に構築したプラットフォームの活用により相手先と手軽に通信することが可能です。

製品情報へ



<ファイナリスト>

超短焦点プロジェクター
「IPSiO PJ WX4130N/4130」


縦置き型のコンパクトなボディで設置スペースが小さく、モバイル性にも優れ、さまざまな場所・用途で手軽に活用できるプロジェクター。リコー独自の光学系技術により、プロジェクター本体の背面から投写面までの距離がわずか11.7cm(本体含め26.1cm)で48インチの至近投写と、クラス最小・最軽量*1を実現しました。
*1 ミラー反射式の超短焦点プロジェクターとして(2012年4月現在、リコー調べ)

製品情報へ

カラープロダクションプリンター
「RICOH Pro C751EX/C651EX」




大型カラー液晶のオペレーションパネルの採用により、快適な操作環境を提供します。また、アクティブトレイインディケーターを各トレイに採用することで、稼働中のトレイが一目でわかり、他のトレイへのスムーズな用紙補給を可能にしました。さらに、面発光型半導体レーザーVCSEL技術を搭載し、書き込み解像度1,200dpi×4,800dpiを実現しました。

製品情報へ