Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
ここから本文です

リコーグループの強み

長年に渡る製品開発で磨いてきた「技術力」。

潜在的なニーズを先取りする「お客様接点力」。

環境保全と事業成長を同時にかなえる「環境経営」。

この3つが私たちの強みです。

技術力

長年の製品開発を通じて培ってきた「光学、画像、材料、ものづくり、基盤、制御・システム、ソフトウェア」に関するコア技術、これらと斬新なアイデアや最新の技術とを融合し、イノベーションを創出し続けています。

マシンビジョンが提供する新たな価値

光学技術とコンピューティングパワーの融合、およびプラットフォーム技術の構築により、新しい顧客価値を創造しています。

路面性状モニタリングシステム

ステレオカメラを複数台用いて、一度の走行・撮影で「ひび割れ率」「わだち掘れ量」「平たん性」を計測

人工知能(AI)により、ひびのレベルを自動判定

道路やトンネルなどのインフラや構造物の老朽化が社会課題となっています。それらを計画的に維持管理することで、社会の安心・安全が増大します。

リコーは、車両を走らせて路面を撮影し、劣化を計測する「路面性状モニタリングシステム」を開発。2018年9月、ステレオカメラで測定する手法として初めて、一般財団法人土木研究センターが実施した。

「路面性状自動測定装置の性能確認試験」に合格し、2019年8月、「リコー 路面モニタリングサービス」の提供を開始しました。一般車両に搭載できるため、大型の専用車両では計測が困難だった生活道路にも活用できます。

ステレオカメラ:2台のカメラの視差情報を利用し、前方の対象物の奥行き情報(3次元情報)が得られるカメラ。

詳しくはこちら

あらゆるものに印刷を可能とするインクジェットプリント

リコーの強みであるインクジェットヘッド技術とインク材料技術とを組み合わせることで、「紙」以外の媒体(建材、衣類、絵画、食品、医薬品など)に印刷する産業用印刷を展開。ひとつのイラストから壁紙、洋服、カフェラテの泡にまで印刷が可能です。

詳しくはこちら

ハンディプリンター

「RICOH Handy Printer」は、315gの持ち運びできるサイズながら、印刷物の上にプリンターをスライドさせるという逆転の発想で、段ボール、ラベル、封筒、ハガキ、木材、布等、今まで印刷するのが難しかったものや場所にも印刷が可能です。

プリンターを持つ手の動く速さや印刷対象の表面の状態をセンサーで検知し、プリンターが次に動く位置をアルゴリズムで予測して正確にインクを着弾させる新しい吐出技術が搭載されています。また、コンパクトな本体に合わせて部品の小型化・配置の最適化も図りました。バーコードやQRコードの印字も可能な高精細を実現し、水に濡れてもにじみにくい速乾性インクでシーンを選ばず「今、書きたい」というニーズに応えます。

詳しくはこちら

全天球カメラ「RICOH THETA」が新たな映像を。

これまでのカメラとはまったく異なり、撮影者を取り囲む「全天球イメージ」をワンショットで撮影できます。これはリコー独自の光学技術と画像処理技術の融合による産物です。車載カメラをはじめ、不動産業等さまざまな場で活用されています。

研究開発体制

リコーグループでは、日本、米国、インド、中国に研究開発拠点を設け、グローバルに拠点間の連携を深めながらそれぞれの地域特性を活かした市場ニーズの調査・探索、研究・技術開発を行っています。

研究開発投資

イノベーションを絶やさないために、売上高の5~6%程度を目安として、継続的な研究開発投資を行っています。2019年3月期の投資額は1,110億円で、売上高の約5.5%。そのうち13.3%に相当する147億円を基礎研究に充てています。

知的財産

技術開発の成果である知的財産は、他社との競争優位性をはかる重要な経営資産のひとつです。

2020年3月期の特許保有権利数は、国内で18,000件以上、海外では24,900件以上となります。