Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
現在地

Share

ここから本文です

リコーグループの強み

人とデジタルの力で、お客様の“はたらく”を変革します。
その変革を支えるのが、リコーグループの5つの強みです。

グローバルの販売・サービス網

世界約200の国と地域でビジネスを展開し、グローバル約8万人の従業員のうち、1万6千人がIT関連従事者です。また世界中で稼働する約400万台のオフィ スプリンティング機器と140万社のお客様に、グローバルに広がる保守サービス体制で寄り添っています。

独自のエッジデバイス

光学や画像処理、印刷など、独自技術を用いた多彩なエッジデバイス​を提供し、アプリケーションソフトやサービスと組み合わせてお客様の業務課題を解決するソリューションに仕立て、お客様の働く現場で価値を発揮するようにサポートしています。

パートナーとの連携

大学・研究機関、他企業等、さまざまな業種業務に精通したビジネスパートナーとの共創を重視し、社会課題解決に向けた効率的な研究・技術開発、新たな価値創出のための連携を進めています。パートナーとの連携により、お客様の課題解決に合わせた実効性の高い価値を提供しています。

社内実践

ITインフラ、ITデバイスを用いて自社製品・サービスの機能・品質のブラッシュアップあるいは、自社での活用実績を販売促進に活用することを目的として自社製品・サービスを社内で利用しています。社内実践の取組みのひとつにとして、Ricoh Manufacturing (China) におけるデジタルマニュファクチュアリング(DM)があります。リコーのDMでは、製造現場の改革で必要となるデータの活用に取り組んでおり、当工場ではIoT技術をはじめ、ロボットや自動化設備など、さまざまなデジタル技術をふんだんに導入して効率化を進めたことで、間接人員を11%削減し、年間45億円の効果を上げています。こうした社内実践やお客様への導入実績に基づくノウハウを蓄積しています。

詳しくはこちら

Ricoh Manufacturing (China) Ltd.

デジタル人材

今後のデジタルサービスの会社への変革において求められるのは、自律型人材でありデジタル人材です。そのための意識変革とデジタル人材の育成・強化を進めています。社員全員がリコーウェイを実践し、デジタルを使いこなした新しい仕事の仕方を身につけ、カスタマーサクセスに向う、そんな当事者意識をもち、自らの仕事に能動的に取り組む自律型人材を目指します。リコーウェイの実践を評価制度での評価軸として設定しているほか、専門性の高いデジタルスキルを有し、顧客価値の創造に貢献する技術系人材とビジネス人材の育成、強化を進めています。

詳しくはこちら

グループ社員の意識・企業風土の変革、デジタル人材の育成・強化