Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

リコーの歩み

創業~事務機分野進出(1936〜)

リコーは、理化学研究所の研究開発を工業化するために設立された「理化学興業株式会社」から感光紙事業を継承し、1936年に「理研感光紙株式会社」として創業しました。翌年にはカメラ事業にも進出。 1950 年代初頭にカメラの大量生産体制をわが国で初めて確立し、一般大衆へのカメラの普及を促進しました。1955年にはリコピー101を発売し、事務機分野にも進出しました。

(1938 年に理研光学工業株式会社に、1963 年に社名を株式会社リコーに社名変更)

OAを提唱(1970〜)

1974年に世界で初めて事務用高速ファクシミリ「リファクス600S」を発売。1977年には業界で初めて「OA(オフィス・オートメーション)」を提唱しました。1980年代には、オフィスコンピューターやワープロ、光ファイリングシステム、レーザープリンターなどを順次提供し、オフィスの生産性向上を支援しました。

デジタル化を推進(1985〜)

1987年に業界に先駆けて一般オフィス向けデジタル複合機「IMAGIO 320」を発売しました。1996年には省スペース・低価格を実現した「imagio MF200」を発売し、デジタル複写機の普及にも貢献。その後も複写機のネットワーク化・カラー化を推進しました。1991年に中国にRicoh Asia Industry(Shenzhen) Ltd. を設立するなど、国内外で生産体制を強化しました。また1995年にSavin CorporationやGestetner Holdings PLCをグループ化するなど海外販売網の拡充にも取り組みました。

グローバルカンパニーへ(2000〜)

プリンティングソリューションやドキュメントソリューションなど、ワークフローを効率化するソリューション提供を推進しました。さらにプロダクションプリンティング市場への参入やサービス事業の強化など、事業領域を拡大しています。
ソリューション提供の強化に伴い、海外販売網をさらに強化。2006年にはDanka社の欧州販売事業、2008年にはIKON Office Solutions, Inc. をグループ化するなど、グローバルな販売サポート体制を構築しました。一方、2002 年には国連「グローバルコンパクト」に日本企業として2番目に参加を表明。2003 年には世界環境センター(WEC:World Environmental Center)から「持続可能性における国際企業の業績に対するWECゴールドメダル」をアジア企業で初めて受賞するなど、環境/CSR 経営を強力に推進しています。

関連情報

リコーカメラライブラリー

多くの人に愛されているリコーカメラの歩みを各機種の詳細、リコーカメラにまつわるエピソードなどをまじえてわかりやすく紹介します。