Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

A0/A1判対応デジタルフルカラー複合機
RICOH MP CW2200/CW1200シリーズ」を新発売

2012年11月27日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、A0/A1判対応デジタルフルカラー広幅複合機の新製品として「RICOH MP CW2200/CW1200シリーズ」の2シリーズ4モデルを発売します。
 新製品は、リコーのプリンターのラインアップでご好評をいただいている「GELJETテクノロジー」をベースにして、プロッター機能、スキャナー機能、コピー機能を搭載した大判対応の本格的複合機で、モノクロ毎分3.2枚、フルカラー毎分1.1枚(共にA1ヨコ)*1と高速出力を実現しています。また、印刷時の平均消費電力は約120Wと低消費電力を実現し、環境負荷の低減とオフィスの省エネに寄与します。この他にも、フルカラーネットワークスキャナーや大型フルカラータッチパネルの搭載、各種ソリューションとの連携などにより、業務効率の向上に貢献します。これらの特徴により、建設業、製造業、官公庁をはじめ、図面、パース図、ポスター、地図などを扱うお客様を中心に拡販してまいります。
*1  RICOH MP CW2200シリーズで、プリンター・高速モードで普通紙に本体給紙部から出力した場合。
RICOH MP CW1200シリーズは、モノクロ毎分3.0枚、フルカラー毎分1.0枚(共にA1タテ)。

製品名 RICOH
MP CW2200 SP
RICOH
MP CW2200H SP
RICOH
MP CW1200 SP
RICOH
MP CW1200H SP
最大出力サイズ A0判 A1判
保守サービス カウンターパック保守、
または
スポット(随時)保守
5年間
保守サービス付
カウンターパック保守、 または
スポット(随時)保守
5年間
保守サービス付
標準価格
(消費税別)
185万円 195万円 165万円 175万円
発売日 2012年12月6日
販売台数 年間1,500台



<リコーの製品/サービスの名称変更について>

 この度の新製品から、複合機のファミリーネームである「imagio(イマジオ)」の名称を使用せず、「RICOH MP」に変更いたします。さらに今後は、複合機以外にも製品ごとのファミリーネームの使用を順次終了し、リコーの製品/サービスの名称の頭に「RICOH」を付けて展開いたします。製品ブランドを「RICOH」に統一することで、お客様から統合的なソリューションをお任せいただける「RICOH」のブランドをさらに高めてまいります。

[製品写真]RICOH MP CW2200 SP(オプションを装着したもの)
RICOH MP CW2200 SP
(オプションを装着したもの)