Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

お知らせ

第1期リコー杯女流王座「就位式」開催 ~加藤桃子 初代女流王座に~


2012年2月9日
公益社団法人日本将棋連盟
株式会社リコー

 株式会社リコー(東京都中央区 社長執行役員 近藤史朗、以下リコー)と公益社団法人日本将棋連盟(東京都渋谷区 会長 米長邦雄、以下将棋連盟)が主催する、第1期リコー杯女流王座戦(特別協力 日本経済新聞社)の就位式が本日、東京・ホテルニューオータニで執り行われ、加藤桃子 奨励会1級(※1)に「女流王座就位状(※2)」が授与されました。
 第1期リコー杯女流王座戦・決勝五番勝負の最終局が昨年12月12日に行われ、加藤桃子 奨励会1級は清水市代女流六段に勝利して対戦成績を3勝2敗とし、初代「女流王座」に就いたものです。
 本棋戦は昨年3月10日、女流棋界最高峰のタイトル戦としてリコーと将棋連盟が設立したもので、国内外を問わずプロ、アマチュア、奨励会員の全ての女性に参加資格があることに特徴があり、優勝賞金は女流棋戦最高額の500万円です。
(※1) 奨励会員
プロ棋士養成機関である奨励会に所属する会員です。通常は6級(アマチュアの四、五段程度の棋力)で入会して1級の上が初段です。四段になると晴れてプロ棋士になります。
(※2) 就位状
将棋連盟が、タイトルに就いたことを認める賞状。
加藤桃子
加藤桃子 初代女流王座
記念撮影
昨年12月12日、決勝五番勝負直後の記者会見にて。
日本将棋連盟・米長邦雄会長(右)とリコー・松浦芳正取締役
専務執行役員(左)との記念撮影 (東京・将棋会館)

【加藤桃子(かとう・ももこ)女流王座プロフィール】

1995年3月9日生まれ、静岡県牧之原市出身。2006年9月18日、奨励会入会。安恵照剛八段門下。2011年9月18日、奨励会1級に昇級。同年12月12日、初の女流王座に就く。現在、国士舘高等学校通信制2年、東京都世田谷区在住。


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2014年3月期リコーグループ連結売上は2兆1,956億円・国際会計基準)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。