Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

お知らせ

リコー、中国市場においてプロジェクターの販売を開始 ~デジタル・チャイナ社と中国市場におけるプロジェクターの販売で協業~


2011年12月27日
株式会社リコー

 株式会社リコー(以下 リコー)の中国における販売統括会社 理光(中国)有限公司(以下 リコーチャイナ)は、中国市場においてプロジェクターの販売を開始します。これに先立ち、リコーおよびリコーチャイナは、中国最大手のITディストリビューターである神州数码控股有限公司(代表者:郭为、本社:中国北京市、以下 デジタル・チャイナ)とプロジェクターの販売協業について合意しました。今回の協業の概要は以下の通りです。
  • デジタル・チャイナを通じた中国市場におけるリコー製プロジェクターの拡販。
  • リコー製プロジェクターの中国市場での販売に関して、商品ラインアップ計画に基づき、販売戦略の立案、ソリューションの提供、プロモーション、セールス教育などの共同展開。
 世界のプロジェクター市場は台数ベースで年平均8.6%の成長率が見込める市場です。特に中国市場における成長率は、年平均12.6%、2015年には約260万台まで増加すると見ており、非常に重要な市場であると捉えています(リコー調べ)。
 デジタル・チャイナは、北京の本社を中心に、19都市に支社と、世界中に100社以上の主要なITベンダーとのパートナーシップ、10,000社以上の販売代理店網をもち、中国最大のIT販売力を誇っています。
 リコーは、2011年11月に戦略商品の超短焦点プロジェクター第一弾を含め18モデルを発売、ラインアップの強化に取り組む一方、デジタル複合機やユニファイド コミュニケーション システムなどと組み合わせたソリューションの提供を強化しています。中国市場への参入に際して、強い販売力を持つデジタル・チャイナと販売協業することで、量販チャネルや官公庁、教育市場など中国の幅広い顧客層への急速な浸透をはかっていきます。また、今後は、リコーの商品・サービスを組み合わせ幅広くご提供することにより、中国市場におけるソリューションビジネス拡大を加速させていきます。