Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcumbs

Share

Main content

製品への取り組み

製品への取り組み 省エネ・温暖化防止

製品に関して、「省エネルギー・温暖化防止」「省資源・リサイクル」「汚染予防」の3つの領域で活動を推進しています。

リコーサステナブルプロダクツプログラム NEW

リコーは、社会のサステナビリティ向上に貢献する製品・サービスをお客様にお届けしていくため、「地球にやさしい(環境配慮)」と「人にやさしい(使いやすさ、快適性、CSR)」という視点でリコーの製品・サービスを独自の指標に基づき評価・改善する「リコーサステナブルプロダクツプログラム」を開始しました。


分野ごとの取り組み

省エネ・温暖化防止

「使いやすさと省エネの両立」を基本方針に、技術革新に取り組んでいます。

考え方

お客様の省エネや温暖化防止に貢献するためには、使いやすさと優れた省エネ性能の両立が重要です。スリープモードからすぐに復帰できる独自の省エネ技術「QSU(Quick Start-Up)」をはじめ、製品の省エネ化を実現する技術革新に力を注ぎ、「使いやすさと省エネの両立」の基本方針をより進化させた製品をお届けしています。
また、紙の生産は多くのエネルギーを必要とするため、両面コピー性能向上や再生紙の販売促進など、紙による環境負荷の削減にも努めています。

省資源・リサイクル

新規投入資源量25%削減を目指し、徹底した資源の有効活用に取り組んでいます。

考え方

コメットサークルのコンセプトに基づいて、より環境負荷が少なく、経済効果の高いリサイクルを通じた資源の有効活用を進めるとともに、新規資源投入量の少ない製品づくりに取り組んでいます。 「製品の小型軽量化」「部品の長寿命化」「製品・部品のリユース」「リサイクル材料の採用」「再生可能資源の活用」に重点を置き、活動を展開しています。

汚染予防

環境影響化学物質の削減と確実な管理で、環境と人に配慮した製品を提供しています。

考え方

製品に含まれる化学物質による影響を最小限にするため、仕入先企業を含む製品づくりのフロー全体で、「環境影響化学物質の削減と確実な管理体制の構築」に取り組んでいます。
また、廃棄時に物質別の処理が必要とされる、環境影響化学物質の使用を削減することで、環境負荷削減と製品リサイクルコスト削減に貢献しています。
さらに、お客様のご使用時の快適性・安全性向上のため、「製品使用時に排出されるオゾン・粉じん・VOC類*1の低減」「サプライ製品の安全性の確保」についても、独自の基準による管理体制を構築し、積極的な活動を行っています。

*1揮発性有機化合物(Volatile Organic Compound)。

取り組みのご紹介