Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

公的研究費の管理・監査体制について

本ページは、「『研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)』平成19年2月15日(令和3年2月1日改正)文部科学大臣決定」に基づき、当社における競争的資金等の運営・管理について、責任体系・相談窓口・通報(告発)窓口を公表するものです。

リコーにおける公的研究費の責任体系

競争的資金等の
運営・管理に関わる責任者
職名 責任の所在・範囲と権限
最高管理責任者 CTO(Chief Technology Officer:最高技術責任者) 当社全体を統括し、公的研究費等の運営・管理について最終責任を負う。
統括管理責任者 不正防止計画策定の責任者 最高管理責任者を補佐し、公的研究費等の運営・管理について当社全体を統括する。
コンプライアンス
推進責任者
正)公的研究費等に関わる
第一階層組織の長
副)公的研究費等に関わる
第二階層組織の長
正)研究実施部門において、公的研究費の適正な運営・管理について実質的な責任と権限を持つ。
副)研究実施部門において、公的研究費の適正な運営・管理について日常的・実効的な管理監督を行う。

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に関する通報(告発)受付窓口

公的研究費の管理・運営ルール等に関する相談窓口