日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

リコー、ドリームネッツとSNS型コミュニケーションツール「チーム手帳」を提供開始

~日常会話を戦略的に増やし、エンゲージメント強化の基盤となる良好な人間関係の構築を支援~

2019年3月18日
株式会社リコー
株式会社ドリームネッツ

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則、以下リコー)と、スマホアプリの企画、開発を行うベンチャー企業の株式会社ドリームネッツ(代表取締役社長:井上 一成、以下ドリームネッツ)は、企業が社内で良好な人間関係を構築し、従業員のエンゲージメント強化を支援するSNS型コミュニケーションツール「チーム手帳」を共同開発しました。ドリームネッツ社から2019年3月19日に発売します。

  • チーム手帳
  • ダッシュボード コミュニケーション状況
  • ダッシュボード 表彰
  • ダッシュボード 社員の気持ち

チーム手帳は、2018年8月に発表したリコーとドリームネッツの業務提携に基づき共同開発したものです。従業員のエンゲージメントを強化するためのSNS型コミュニケーションツールとして、スタンプやテキストメッセージ、写真、動画、各種ファイルなどをチャット方式で送受信することが可能となり、業務連絡だけでなく日常会話を積極的に促すことで、チーム内の良好な人間関係の構築を支援します。

従業員のエンゲージメント強化の重要な要素の一つに、職場の良好な人間関係があります。そのためには、業務のコミュニケーションだけでなく日常会話や挨拶、感謝、助け合い、称賛など、絆を深めるコミュニケーションが必要不可欠です。

近年、在宅勤務、リモートワーク、直行・直帰などにより、顔を合わせたコミュニケーション機会が減少している中で、従業員がプライベートの無料SNSアカウントなどを活用しているケースが増えてきています。無料SNSアカウントの利用においては、自分のアカウント情報を仕事で使いたくないといったプライバシー問題、アカウントの乗っ取り問題、退職者などのアカウント管理問題など、セキュリティー面や運用面で課題があります。

新製品は、直感的に使いこなせるSNS型コミュニケーションツールでありながら、ビジネス用途に厳選された豊富なスタンプを採用することで、プレミアムカードで感謝、賞賛、応援をチーム内で気軽にやり取りできるほか、心理学に基づいた話術スタンプを使うことでチームの信頼や達成感を身近にする事を可能としております。

また、経営者や管理者はコミュニケーション状況を数値化できるダッシュボードにより発行アカウントの管理、ツールの利用状況、プレミアムカードの受信状況、チームのコミュニケーション状況、スタンプの受信状況を確認することができ、離れていてもチームの状況変化を敏感に感じる事が可能です。


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。