日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

お知らせ

ウクライナ情勢に関する当社の対応について

2022年3月14日
株式会社リコー

現在ウクライナおよび周辺地域では民間人を含めた多くの方々が犠牲となり、国外への避難を余儀なくされるなど、深刻な人道危機に直面しています。

リコーグループは、こうした悲劇的な出来事に心を痛めており、犠牲となられた方々に深い哀悼の意を表します。現在ウクライナで起きていることは、地球環境・社会・経済のバランスが保たれた持続可能な社会の実現への貢献を目指してグローバルで事業活動をする私たちにとって憂慮すべき事態であり、一日も早く平和で安全な世界が戻ることを願っています。

こうした状況を踏まえ、リコーグループでは現在、以下の対応を実施しています。

  • ウクライナ周辺地域の従業員やその家族が安全安心を担保できる環境の確保を最優先にした危機管理チームの設置
  • ロシア向けの製品出荷の一時見合わせ
  • 今回の危機により、影響を受けた人々を支援する取り組み
    (欧州地域販売統括会社であるリコーヨーロッパによる国際赤十字社への義援金寄付の実施など)

リコーグループは、従業員やパートナー、お客様の安全・健康を第一に考え、日々刻々と変化する状況や動向を注視しながら、今後も創業の精神である「三愛精神(人を愛し、国を愛し、勤めを愛す)」のもと、適切な対応を続けてまいります。


| リコーグループについて |

リコーグループは、お客様のデジタル変革を支援し、そのビジネスを成功に導くデジタルサービス、印刷および画像ソリューションなどを世界約200の国と地域で提供しています(2021年3月期グループ連結売上高1兆6,820億円)。
imagine. change. 創業以来85年以上にわたり、お客様の“はたらく”に寄り添ってきた私たちは、これからもリーディングカンパニーとして、“はたらく”の未来を想像し、ワークプレイスの変革を通じて、人々の生活の質の向上、さらには持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。