RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
Main content

2018年05月12日:筑波山

参加者:L西名・國保・澤田・他3名


05月12日(土) 曇り
 筑波山神社入口9:50-筑波山頂駅11:10-男体山11:30-女体山12:00-屏風岩12:50-筑波山神社13:55

数十年ぶりかで筑波山に行くことにした。
どんなに変わったか楽しみである。
会の中で声をかけたら、偶々別の人達と登る計画があることがわかり、現地で合流することになった。
朝から晴れている。景色を楽しみに筑波山へと向かう。

シャトルバスの降り場で皆さんと合流する。
ここからは鳥居をくぐって筑波山神社に向かい、お参りしてケーブルカーの脇の御幸ヶ原コースを登りはじめる。
結構急であるが2Hも登れば山頂だと思うと、足取りは軽い。

11:10 山頂駅に到着する。
結構人が多い。

登山口 筑波山神社へ
山頂駅周辺

まずは男体山に向かうが、最後の階段で下りに譲るとどんどん下りて来てなかなか登ることができなくなってしまった。
まあ山頂に人が溜まっていては登れないので、切りの良いところまで下ろしてしまうしかない。
人が切れたのでやっと登ると祠があって山頂に着く。
曇ってきてしまって今一遠くまで見渡せないが関東平野が足元に広がっていて眺めが良い。

男体山からの眺め 男体山の祠 祠の裏に山頂標識がある

写真をとって山頂駅に戻り女体山へ向かう。

山頂駅正面 ガマ石

女体山はもの凄い人で休憩すらできない。ちょっと来るシーズンを間違えたかなぁ...

何とか山頂を抜け出して少し下ったところで昼食タイム。
直ぐ脇をつつじヶ丘に下るロープウェーが通って行く。

女体山の祠 山頂標識 山頂からの景色 ごった返す山頂

下山は白雲橋コース、ここからはずっと下りだが、まだまだ登って来る人が多く思うように下って行けない。
14時までに着いて風呂に入りたい!
一緒に歩いている人から要望されていたので、少々急いで下って行く。
小一時間で筑波山神社に到着。

今回は人の多さに圧倒されてしまう山行となってしまった。

弁慶七戻り 下山

記録:澤田