Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

世界最小*1・最軽量*1の超短焦点プロジェクター
IPSiO PJ WX4130N / WX4130」を新発売
小型・軽量・至近性で新たなコミュニケーションスタイルを提案

2011年11月7日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、世界最小*1・最軽量*1の持ち運び可能な超短焦点プロジェクター「IPSiO(イプシオ) PJ WX4130N / WX4130」2機種4モデルを新発売します。2011年11月18日から国内販売を開始し、海外市場にも順次投入してまいります。リコーは、本製品をプロジェクションシステム事業の中核製品として位置づけています。本製品の優れた機能や特長、シンプルなデザインを活かしたプロジェクターの新たな活用シーンのご提案のみならず、リコーが提供するさまざまなネットワークアプライアンス*2を組み合わせてご提供することで、お客様のワークスタイル変革をサポートしてまいります。

*1 ミラー反射式の超短焦点プロジェクターとして(2011年11月7日時点、リコー調べ)
*2 リコーが提案する、「統合化されたネットワーク環境の下で、リコー独自の新たなお客様価値を創造する製品やサービス」の総称。

製品名 IPSiO PJ WX4130N
安心3年モデル
IPSiO PJ WX4130N IPSiO PJ WX4130
安心3年モデル
IPSiO PJ WX4130
最大表示解像度 1,280×800ドット(WXGA)
出力光束(明るさ) 2,500lm
ネットワーク対応 ×
本体サイズ 幅257mm×奥行144mm×高さ221mm
質量 約3.0kg
保証期間 1年間無償保証
+2年間保守付き
1年間無償保証 1年間無償保証
+2年間保守付き
1年間無償保証
本体標準価格 オープン価格
月販台数 1,000台
発売日 2012年1月10日 2011年11月18日

 本製品は、リコー初の超短焦点プロジェクターです。リコー独自の自由曲面ミラーを採用し、プロジェクター本体の背面から投写面までの距離がわずか11.7cm(本体含め26.1cm)で48インチを投写するなど、超短焦点モデルとしては世界最小*1・最軽量*1・超至近投写を実現しました。設置スペースが小さく、モバイル性にも優れた本製品は、従来型の超短焦点モデルのプロジェクターでも実現が難しかったさまざまなシーンで活用することが可能になります。一般オフィスの打ち合わせコーナーや、少人数の教室での利用に加え、企業の受付やショールーム、店舗などでのデジタルサイネージとしての活用など、用途が大幅に広がります。

 また、ポータブルビデオ会議用端末「リコー ユニファイド コミュニケーション システム P3000」や、iPad用アプリケーションソフト「RICOH TAMAGO Presenter」と組み合わせることで、遠隔での会議を省スペース、かつペーパーレスで行えるなど、今までにないビジネスコミュニケーションを実現します。

■新製品の活用イメージ

新製品の活用イメージ

[製品画像]IPSiO PJ WX4130N
IPSiO PJ WX4130N
*iPadは、Apple inc.の登録商標です。