Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs English

Design Policy

モノ+コト

従来の商品(モノ)デザインに加え、ユーザーエクスペリエンスを提供するインテグレーション(コト)デザインの重要性が増しています。
リコーは、ユーザーエクスペリエンスを通じてお客様に長く使っていただき、感動を与えるデザインを目指します。

デザイン領域の拡大

リコーは従来の複写機・プリンターのオフィス事業に加えて、商用印刷事業、コンシューマ事業、新しいワークスタイルに対応したビジュアルコミュニケーションの製品を含むサービス事業、インダストリ事業、新規事業へと展開しています。
それぞれの事業でお客様の使い方やニーズ、行動などの特性が異なり、デザインを変える必要があります。これからもリコーはお客様にあったデザインを提供していきます。

「伝える」「知らせる」

モノ+コトによって新たに創出されたユーザーエクスペリエンスは、お客様にとって初めての体験となります。
その価値を、お客様に「伝える」「知らせる」こともデザインの役割として重要度が増しています。