Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

PCレスの環境でも複合機「imagio」から給与明細などをダイレクトに出力
「給与明細配信 for imagio」を販売開始

2009年6月17日
株式会社オービックビジネスコンサルタント
株式会社リコー

 株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田 成史、以下、OBC)と株式会社リコー(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:近藤史朗、以下、リコー)は、OBCの給与計算システム「給与奉行21」で作成された給与・賞与明細書、および源泉徴収票をPCレスでリコーのデジタル複合機(MFP)「imagioシリーズ」から出力できる『給与明細配信 for imagio』を6月18日から販売いたします。
 本ソリューションは、「給与奉行21」のオプション製品として給与・賞与などの明細のPDF作成と配信を実現する「給与明細配信 for 給与奉行21シリーズ」とリコーのMFPを連携させ、給与明細などを出力するシステムです。OBCがリコーの推進するソリューション「Operius(オペリウス)」の開発パートナーとして、リコーの技術協力のもとに開発したもので、Operius認定商品としてリコーグループの各販売会社から販売します。

 新製品『給与明細配信 for imagio』では、簡単な操作で、従業員自身がimagioからWebサーバーに保存された給与明細、賞与明細、源泉徴収票を印刷できます。また印刷前に、imagioのタッチパネル上で社員番号とパスワードを入力してログインするため、セキュアな印刷環境が保証されます。給与担当者が「給与奉行21」で作成した明細書は、「給与明細配信 for 給与奉行21シリーズ」によってPDFとなり、ログイン情報とPDFを紐付けするファイルと共に、Webサーバーにアップロードされます。PCを利用している従業員にはPDFをメールで配布し、工場勤務などで固有のPCを所有しない従業員には、簡単な操作でimagioを介して配布するなど、柔軟な対応が可能になります。これにより、専用の明細用紙やその封入コストを削減でき、明細書の印刷も最小限に抑制できるほか、欲しいときにいつでも容易に明細書を印刷することができるため、従業員へのサービス向上にもつながります。
  本連携プログラムをご使用頂く際には、以下の製品が必要となります。
下記ソフトウエア(株式会社オービックビジネスコンサルタント)
給与奉行21シリーズ         
200,000円(消費税別)~
給与明細配信 for 給与奉行21シリーズ
450,000円(消費税別)~
給与明細配信 for imagio
100,000円(消費税別)
給与明細配信 for imagio 導入設置料・指導料
80,000円(消費税別)
※別途、給与明細配信 for 給与奉行21の導入設置料・指導料が必要となります。
デジタル複合機「imagio シリーズ」の下記対応機種(株式会社リコー)
imagio MP C7500/C6000/C4500/C3500/C5000/C4000
C3000/C2500/C3300/C2800/C2200
imagio MP 8000/7500/6000/5000/4000/3350/2550
デジタル複合機「imagio シリーズ」のオプション(株式会社リコー)
imagio Webアクセスカード 標準価格98,000円(消費税別)
※imagioの対応機種により、カードタイプは異なります
 上記の各社製品につきましては、各社ホームページを参照してください。
給与明細配信 for imagioについて
株式会社オービックビジネスコンサルタント ホームページ http://www.obc.co.jp/
デジタル複合機「imagioシリーズ」について
株式会社リコー ホームページ http://www.ricoh.co.jp/

このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)