Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、製造業における図面の出図・配布業務を効率化する出図業務支援システム
FACTRIO(ファクトリオ) イージープロット」を新発売

2007年6月13日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、中大手の製造業向けソリューションとして、製造業における図面の出図や配布業務を効率化する出図業務支援システム「FACTRIO イージープロット」を開発し、新発売いたします。
商品名 FACTRIO イージープロット
標準価格(消費税別) 49万8千円
発売日 2007年6月15日
販売数量 150システム/年間
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • *発売当初は、東北地区、東京地区、関東地区、中部地区、関西地区を販売地域とし、順次販売地域を拡大致します。
  •  新製品「FACTRIO イージープロット」は、設計情報管理システム「FACTRIO ドキュメント管理システム V2」(2007年4月20日発売、標準価格:150万円)をはじめとする図面管理システムや、Microsoft® Windows®のファイルサーバーと連携して、登録された図面データから必要な図面を検索し、簡単・効率的に出図や配布が行える出図業務支援システムです。一括検索や一括出図のほか、サイズ別振り分け出図や時刻指定印刷、スタンプ合成印刷などの多彩な出図機能を備えており、大量の出図業務も短時間で処理できます。
     「FACTRIO ドキュメント管理システム V2」やA0判対応の「imagio MP W3600/W2400シリーズ」をはじめとする広幅デジタル複合機とあわせてご利用いただくことで、図面の入力から管理、検索、出図、配布までのワークフローを大幅に効率化いたします。

     リコーは、新製品「FACTRIO イージープロット」と、「FACTRIO ドキュメント管理システム V2」、「imagio MP W3600/W2400シリーズ」を組み合わせた設計情報管理システムを、6月27日(水)から29日(金)の3日間、東京ビックサイト(東京都江東区)で開催される日本最大の製造業向けITソリューションの専門展「第18回 設計・製造ソリューション展」に出展いたします。
    <新製品「FACTRIO イージープロット」の主な特徴>
    1. 図面データの検索から出図・配布までのワークフローを大幅に効率化します。
      サーバー(FACTRIO ドキュメント管理システム V2やMicrosoft® Windows®のファイルサーバーなど)に登録した複数のファイルから、検索条件を指定したCSV形式のファイルを用いて、一括して検索することが可能。
      FACTRIO ドキュメント管理システム V2と連携した場合、ファイル一覧画面でのファイル指定だけではなく、簡易検索、条件検索、全文検索などの各種検索機能を利用することが可能。
      検索結果をもとに、「出図指示操作」画面で配布先を選択して一括して出図することが可能。任意の配布先の組み合わせをグループ化して登録することも可能。
      図面の検索から出図・配布までの一連のワークフローを大幅に効率化。配布先に直接出図することで、配送費や人件費も削減。
    2. 多彩な出図機能を搭載しています。
      自動的に図面の用紙サイズを判別し、2台のプリンターへ振り分けて印刷できる「サイズ別振り分け出図機能」を搭載。
      「時刻指定印刷機能」により出図時間を指定できるため、たとえば前日の夜に出図指示をしておき、翌朝の始業時に一斉に出図して作業を開始するといった使い方が可能。
      さまざまな印刷条件を予め設定しておくことで、印刷原稿にあわせて自動的にその条件で出図する「前処理機能」を装備。拡大・縮小や回転のほか、自動的に承認印などのスタンプを合成して印刷。
      パンチ、ステープル、紙折など、リコーの各種出力機器と連携して多彩な後処理機能を活用することも可能。
    3. ログ管理やジョブ管理機能により、印刷状況の把握や印刷結果の一元管理が行えます。
      出力日時、出図者、出力先、ファイル名などのログを一元的に管理することが可能。
      それぞれの印刷ジョブの出力状況を管理し、一時停止やキャンセル、割り込み印刷などの制御が可能。
      出図処理が完了した際、印刷指示を行ったユーザーに対してポップアップで完了を通知。用紙切れなどのエラー通知も可能。
    <新製品「FACTRIO イージープロット」の動作環境>
    《サーバー》
    CPU Pentium4 2GHz以上(Pentium4 3GHz以上推奨)
    メモリー 2GB以上(3GB以上推奨)
    OS Windows Server 2003 SP2/Windows Server 2003 R2 SP2
    データベース MSDE(Microsoft SQL Server2000 Desktop Engine) SP4
    HDD容量(導入時) Windowsシステムディレクトリ : 40MB
    インストールディレクトリ : 150MB
    必要ソフト Officeファイルを印刷する場合は、Office2000、OfficeXP、Office2003のいずれかが必要。FACTRIO連携には、『FACTRIOドキュメント管理システム V2.1』クライアントが必要。
  • 上記掲載ソフトは、発売時点での対応バージョンです。最新の対応バージョンは、リコーホームページにてご確認願います。
  • 《クライアント》
    CPU Pentium4 800MHz以上(Pentium4 1GHz以上推奨)
    メモリー 512MB以上(1GB以上推奨)
    OS Windows Server 2003 SP2/Windows Server 2003 R2 SP2
    Windows2000 Professional SP4
    WindowsXP Professional SP2
    HDD容量(導入時) Windowsシステムディレクトリ : 4MB
    インストールディレクトリ : 35MB
  • 上記掲載ソフトは、発売時点での対応バージョンです。最新の対応バージョンは、 リコーホームページにてご確認願います。
  • 《対応ファイル》
    ファイルサイズ 定型 : A4、A3、A2、A1、A0
    長尺 : 6,000mm×841mm 400dpi まで対応
    ファイルフォーマット
    イメージファイル : TIFF(*.tif、*.tiff) *1
    データファイル *2: Wordファイル(*.doc)、Excelファイル(*.xls)、
    PowerPointファイル(*.ppt)
  • *1LZW形式は扱うことができません。
  • *2データファイルはTIFF変換により、元のファイルと差異がでる場合があります。
  • 《対応出力機器》
    imagio MP 9000/1100/1350 、imagio MP 7500/6000
    imagio Neo W7050 、imagio MP W3600/W2400 、imagio MP C4500/C3500
  • Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Pentiumは米国および他の国におけるインテルコーポレーションおよび子会社の登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。