Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

SAP R/3の帳票印刷において、信頼性の高い分散印刷環境を実現するソフトウエア
「Ridoc Print Linkage OpenConnect タイプS」を新発売

2006年7月28日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光)は、各拠点にあるプリンターの状態や印刷状況を一元的に監視する統合プリント管理サーバーソフトウエア「Ridoc Print Linkage(リドック・プリント・リンケージ)」のオプション商品として、その機能をERP(統合基幹業務)パッケージ「SAP R/3」※1環境で活用するためのソフトウエア「Ridoc Print Linkage OpenConnect タイプS」を新発売いたします。
  • ※1SAPジャパン株式会社(社長:ロバート・エンスリン氏)が提供するERP(Enterprise Resource Planning)パッケージ。基幹系業務プロセスの効率化を支援するもので、ERPパッケージにおいてトップシェアの商品
  • 製品名 Ridoc Print Linkage OpenConnect タイプS
    標準価格(消費税別) 50万円
    発売日 2006年7月31日
    販売数量 50本/3年間
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • *「Ridoc Print Linkage」の基本ソフトウエアパッケージの標準価格は、98万円(消費税別)です。
  •  新製品「Ridoc Print Linkage OpenConnect タイプS」は、SAP/R3の出力管理インターフェース「BC-XOM」に準拠して開発したものです。SAP R/3の帳票データを分散印刷する際に、遠隔地においても最終ページまで確実に帳票の印刷が完了したことが確認できるほか、万一の印刷トラブルも迅速に把握して対応できるなど、帳票印刷に求められるシステムの安定稼動や管理・運用コストの低減を実現いたします。
     リコーは、今後も基幹業務アプリケーションベンダーやシステムインテグレーター各社との連携を強化し、「Ridoc Print Linkage」を活用した信頼性の高い分散印刷環境を提供していくことで、基幹業務システム向けプリンターの拡販を図ってまいります。
    <新製品「Ridoc Print Linkage OpenConnect タイプS」の主な特徴>
    1. SAP R/3の帳票印刷において、信頼性の高い分散印刷環境を構築できます。
      「Ridoc Print Linkage」と組み合わせて活用することで、ERP(統合基幹業務)パッケージ「SAP R/3」の帳票印刷において、各拠点にあるプリンターへの印刷ジョブの指示から、最終ページが印刷されるまでを一元的に監視。信頼性の高い帳票印刷環境を実現。
      SAP R/3のクライアントパソコンの画面上で、遠隔地にある複数のプリンターの状態や印刷結果を管理画面上で詳細に確認することが可能。
      万一印刷トラブルがあった場合でも、「Ridoc Print Linkage」の機能によって、ページを指定して印刷 ※2を指示できるため、ページの重複を防いで無駄のないリカバリー印刷を実現。また、「トナー切れ」「用紙切れ」「紙詰まり」、さらに「トナー残りわずか」「用紙残りわずか」などを確認することが可能。
      印刷完了済みの印刷ジョブの検索も容易なため、再度印刷が必要になった場合も、簡単、確実に再印刷することが可能。
      万一、印刷中のプリンターにトラブルがあった場合、自動的に他のプリンターに切り替えて印刷することが可能。
      「Ridoc Print Linkage」からプリンターまでの印刷経路は、SSL暗号化 ※3して印刷データを送信することも可能。印刷経路からの情報漏洩を防止するセキュリティ印刷に対応。
    ※2 ページ指定の印刷は、機種・印刷データファイル形式に制限があります。
    ※3 SSL印刷対応のリコー製プリンター/デジタル複合機のみ可能
    2. 帳票印刷コストを大幅に削減できます。
      信頼性の高い分散印刷環境を構築することで、本部で集中して大量印刷して配送する場合と比べて、仕分けや配送にかかるコストを大幅に削減。システム構築や運用に関わるコストの削減や業務の効率化も可能。
  • Microsoft, Windows Serverは,米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)