Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

コピー・ファクス・プリント・スキャンした文書の画像データを収集し、情報漏洩を抑止
画像ログ収集・管理システム「Ridoc Document System 画像ログオプション」を新発売

2006年6月20日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光)は、デジタル複合機(MFP)でコピー・ファクス・プリント・スキャンした文書の画像データや操作ログを全て収集・管理できる画像ログ収集・管理システム「Ridoc Document System 画像ログオプション」を開発し、新発売いたします。
 新製品は、画像ログ収集サーバーと画像ログ管理サーバーで構成されるセキュリティシステムで、リコーの文書管理システム「Ridoc Document Server/Ep」や文書配信システム「Ridoc Document Router/Pro」と連携してご利用いただくものです。
 MFPを用いて、いつ、誰が、どのような内容の文書を扱ったかが全て把握されていることをシステム利用者に告知することで、個人情報や企業情報など、重要情報の漏洩を抑止します。さらに、万一情報漏洩が発生した場合でも漏洩元の確認が行えるなど、高度なセキュリティの確保が可能になります。
製品名 Ridoc Document System 画像ログオプション
標準価格
(消費税別)
Ridoc Document System 画像ログオプション 管理サーバー:298,000円
Ridoc Document System 画像ログオプション 収集サーバー:88,000円
発売日 2006年6月22日
販売数量 1,000本/年間
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • *追加ライセンスなど、価格の詳細は こちらをご参照ください。
  •  2005年4月の個人情報保護法の施行に伴い、各企業では情報セキュリティ対策の強化が進められています。しかし、不正アクセスの防止や電子データによる情報漏洩を防止するネットワークセキュリティが強化される一方で、紙文書による情報流出に関してはまだ十分な対策がされていないケースが多く見受けられます。
     リコーは今後も、文書の作成から保管、活用、管理、出力、廃棄に至るまでのドキュメントライフサイクルに沿って、お客様のセキュリティポリシーに基づいたセキュリティ対策を支援するためのさまざまなソリューションを提供してまいります。
    <新製品「Ridoc Document System 画像ログオプション」の主な特徴>
    1. MFPで、いつ、だれが、どのような内容の文書を扱ったかを全て把握できます。
      MFPでコピー・ファクス・プリント・スキャンした文書の操作ログや画像データを、収集サーバー(「Ridoc Document System 画像ログオプション 収集サーバー」と「Ridoc Document Router/Pro」をインストール)が全て収集。
      複数の収集サーバーが一時的に保管している操作ログ/画像データを、管理サーバー(「Ridoc Document System 画像ログオプション 管理サーバー」と「Ridoc Document Server/Ep」をインストール)が収集し、文書管理システム「Ridoc Document Server/Ep」やNASなどのバックアップストレージに自動的に登録。
      データ保存時には、自動的に日単位でフォルダが作成され、データを保管。
    2. キーワードを検知して管理者にメールで通知します。
      画像データは、テキスト部分をOCR認識で抽出し、全文検索が可能なテキスト付きPDFファイルに変換して登録することが可能。
      あらかじめ設定したキーワードが含まれる文書を検知すると管理者にメールを送付するため、情報漏洩時に迅速な対応が可能。
      管理サーバーが管理サーバー・収集サーバーの空き容量やシステムの状態を監視。管理者にメールで通知するため安定したシステム稼動を実現。
    3. お客様のニーズにあわせた柔軟な運用が行えます。
      画像データの解像度を任意で設定することが可能。また、収集した画像データの容量が設定された値を超えた場合、圧縮して管理サーバーに転送するため、ネットワーク負荷を軽減。圧縮を開始するデータ容量は任意で設定が可能。
      あらかじめ設定したスケジュールで、管理サーバーが収集サーバーからログデータを収集。夜間など、日常の業務に支障のない時間に一括して行うことが可能。
    <新製品「Ridoc Document System 画像ログオプション」の価格表>
    商品名 価格 内容
    Ridoc Document System
    画像ログオプション 管理サーバー
    298000円 画像ログ収集サーバーが収集した画像ログを一括収集します。また、収集した画像ログをRidoc Document Server/Epのキャビネットとバックアップストレージに保管します。(1ライセンス分)
    Ridoc Document System
    画像ログオプション 収集サーバー
    88000円 Ridoc Document Router/Proがキャプチャーした画像ログを収集します。(1ライセンス分)
    Ridoc Document System
    画像ログオプション 収集サーバー
    5ライセンス
    352000円 Ridoc Document System 画像ログオプション収集サーバーのライセンス(5ライセンス分)
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。