Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

顧客情報データと関連ドキュメントを一元的に管理・運用できる業種・業務ソフトウエア
「αドキュメントブリッジ」のラインアップを拡充
~ODS21とリコードキュメントハイウェイ構想との連携により実現~

2002年5月30日
株式会社大塚商会

株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区 社長:大塚 裕司)と株式会社リコー(本社:東京都港区 社長:桜井正光)は、顧客情報データと関連ドキュメントを一元的に管理運用できる業種・業務ソフトウエア「αドキュメントブリッジ」のラインアップを拡充し、新たに7種類の新製品を共同で開発しました。
新製品は、「αドキュメントブリッジ 人材派遣編」「同 美容院編」「同 不動産賃貸編」「同 犬猫美容室編」「同 在宅介護者編」「同 人事管理編」「同 会員管理編」の7製品で、6月3日に大塚商会から新発売し、大塚商会およびリコーの販売会社各社で販売いたします。

「αドキュメントブリッジ」は、大塚商会の「ODS21」とリコーの「ドキュメントハイウェイ構想」との連携により実現したソリューションパッケージで、大塚商会の業務パッケージ「SMILEα顧客管理システム」とリコーの文書管理システム「Ridoc Document Server」を連携し、業種・業務別のテンプレートをあわせたパッケージ製品です。
今回の新製品は、昨年3月に発売した「αドキュメントブリッジ 工務店編」に続く第2弾となり、新製品の発売と同時に、「工務店編」のバージョンアップ製品と、すでに「工務店編」をご利用いただいているお客様向けの機能拡張キットとして「αドキュメントブリッジ SDK Ver1.1」も新発売いたします。
新たに7種類の業種・業務に特化したテンプレートをパッケージ化した製品をラインアップに加えることで、より多くのお客様にご利用いただけることとなりました。

情報のデジタル化や基幹業務のシステム化による業務効率の向上や情報活用の促進は企業経営にとって不可欠なものになっています。またe-japan戦略におけるさまざまな申請業務の電子化は、そのまま民間にも電子化の波となってきています。しかしながら、オフィスには紙ドキュメントもまだ多く存在しています。顧客管理業務においても、顧客情報をシステムで管理をしながら、その顧客に関連するドキュメントは紙で保管していたり、別の文書管理システムで管理するケースが多くあります。

「αドキュメントブリッジ」は、「SMILEα顧客管理システム」によって顧客情報データを管理しながら、その顧客に関連する契約書や図面、写真、地図、規定集など「Ridoc Document Server」で管理しているドキュメントをシームレスに検索・閲覧することが可能になります。顧客情報データと関連ドキュメントを一元的に管理運用できるため、問い合わせに対する対応時間が短縮できるうえ、さまざまな取引履歴の同時参照による幅広い対応で顧客満足度を上げることが可能となります。また資料作成等の作業工数の軽減や、社内部門を超えた情報の共有を促進することで、マーケティングや販売促進にもつながります。

大塚商会およびリコーは、今後もそれぞれが持つ業種・業務ごとのソリューションに関するノウハウを共有し、ドキュメントマネジメント製品を中核とした連携システムを共同開発してまいります。
【製品概要】
◆業種別新製品(5テンプレート)
『αドキュメントブリッジ 人材派遣編Ver1.0』
スタッフごとに履歴書/経歴書/所有資格証明書類などまとめて管理、参照することができます。
派遣先ごとに派遣契約書/業務処理の伝票/派遣台帳/提出経歴書などをまとめて管理、参照することができます。


『αドキュメントブリッジ 美容院編Ver1.0』
会員情報確認・修正画面から、来店履歴/再来店履歴照会を行えます。
顧客ごとに仕上がり写真/七五三・入学等成長に合わせた記録/顧客カルテなどをまとめて管理、参照することができます。


『αドキュメントブリッジ 不動産賃貸編Ver1.0』
物件ごとに地図/外観写真・間取り図/修繕履歴/駐車場の図面・地図/登記簿(写)などをまとめて管理、参照することができます。
契約ごとに契約書類などをまとめて管理、参照することができます。


『αドキュメントブリッジ 犬猫美容室編Ver1.0』
顧客ごとにペットの写真、送迎用地図などをまとめて管理、参照することができます。

『αドキュメントブリッジ 在宅介護者編Ver1.0』
被介護者ごとに介護・介助記録/ヘルパー提出書類/保険請求書類などをまとめて管理、参照することができます。
◆業務別新製品(2テンプレート)
  『αドキュメントブリッジ 人事管理編 Ver1.0』
社員ごとに履歴書/資格証明書/本人届出書類などをまとめて管理、参照することができます。

『αドキュメントブリッジ 会員管理編Ver1.0』
会員ごとに会員登録書類/本人提出書類/発送書類(写)などをまとめて管理、参照することができます。
◆機能拡張(2製品)
  『αドキュメントブリッジ SDK Ver1.1』
  【強化内容】
  1) 基本情報キーだけでなく、履歴情報キーなどからも連携が可能
  2) SMILEα1会社環境からの文書リンクパスを、従来の1パスから最大99個へ拡張
  3) フォルダの指定が可能
  4) 作成する文書名に、DB項目と接尾語の付加機能を追加
  5) 連携保守ツールの新規リリース
αドキュメントブリッジの各ライブラリー製品は、このSDKを含んでいます。
『αドキュメントブリッジ 工務店編 Ver1.1』
【強化内容】
  1) 顧客情報登録時に物件情報自動登録機能を追加、「工事区分初期値」設定追加
  2) 工事情報の検索時に、「顧客TEL」を利用可能に
  3) 「性能評価基準項目」を追加
  4) 「機器備品履歴」を追加
  5) 顧客の家族情報を基本情報から履歴情報に分離、自由項目の追加
  6) その他
◆価 格
新規導入 300,000円/1ソフト
  • いずれもソフト料、インストール料含む
◆販売開始 平成14年6月3日
◆販売目標 600ユーザ(年内)
◆動作環境 サーバ Windows NT4.0Server SP6
Windows2000 Server SP2
クライアント Windows NT4.0 Workstation SP6a
Windows 2000 Professional SP2
Windows XP Professional
メモリ 256MB以上必須
CPU Pentium?450MHz以上必須
  • 文中に記載の商品名は各社の登録商標です。