Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

レインズの物件情報をインターネットから取り込み活用できる不動産業務支援システム
「不動産倶楽部/賃貸編 Ver.5.00」 「同/売買編 Ver.5.00」を新発売

2000年1月12日
株式会社リコー

製品名 不動産倶楽部/賃貸編 Ver.5.00 不動産倶楽部/売買編 Ver.5.00
標準価格 標準システム:296万円
(イマジオモデル)
(うちソフトウエア:45万円)
標準システム:296万円
(イマジオモデル)
(うちソフトウエア:45万円)
発売日 2000年1月12日
販売数量 500システム/年間
  • 標準システム構成は、ソフトウエア、パソコン、イマジオカラーなどです。(設置料、納入指導料は別)
  • このニュースリリースに掲載されている価格及び料金には、消費税は含まれておりません。
  •  不動産業務支援システム「不動産倶楽部」は、ソフトウエアやパソコン、デジタルカラー複合機「イマジオカラーシリーズ」などで構成するもので、物件情報をデータベースとして一元管理し、物件案内書や契約書など様々な書類の作成や、物件管理業務などの一連の業務を、簡単・効率的に行うシステムです。1995年8月の「賃貸編 Ver.1.00」の発売以来、累計で約1,200ユーザーにご活用いただいております。
     リコーでは今後も不動産業者様のより一層のシステム化を推進し、情報化を支援いたします。
  • 新製品の発売に合わせ以下の3製品も発売いたします。
                「不動産倶楽部/賃貸・案内書編Ver.5.00」(15万円)
                「不動産倶楽部/売買・案内書編Ver.5.00」(15万円)
                「不動産倶楽部/入金管理編Ver.5.00」(35万円)
  • <不動産倶楽部/賃貸編・売買編 Ver.5.00の主な特徴>
  • 1.新たに「レインズ IP型」の物件情報をデータベースに取り込むことが可能になりました。
      • オプションとして同時に発売するソフトウエア「不動産倶楽部/IPリンク編(東日本版)」(4万8千円)とあわせて使用することにより、東日本不動産流通機構がインターネットを利用して公開している不動産情報流通システム「レインズIP型」の物件情報を「不動産倶楽部」のデータベースに簡単に取り込むことが可能。
      • データの移行は、取り込みたい物件データを指定するだけで行えるため、改めて入力し直す手間を削減する上、入力時のミスをなくし、物件情報データの入力業務に費やしていた時間を大幅に削減。
      • 自社物件に加え、レインズの物件情報を活用することで、お客様のニーズにあった的確な物件紹介が可能。
  • 2.お客様独自の様式で、各種書類の作成を行うことが可能です。
      • 登録した物件情報を元に、契約書など一連の必要書類を自動作成。
      • 「スタイルシートエディタ機能」を搭載。物件案内書や契約書などの書類の様式は、予め登録されているものに加え、お客様独自の様式の帳票や定型様式の帳票フォームを作成し、登録することが可能。
      • スキャナーで読み込んで、任意の帳票にあて打ちすることが可能。
  • 3. 物件紹介を迅速・効率的に行えます。
      • 間取り、予算などの希望条件をパソコンに入力するだけで、該当物件を素早く表示。
      • 紹介物件の間取り図や明細を画面上に表示し、迅速に応対することが可能。
  • 4. 美しく訴求力のある物件案内書が素早く簡単に作成できます。
      • 多彩なスタイルシートからお好みのサイズやタイプを選択し、間取り図と地図を予め用意されたパーツから選ぶことで容易に物件案内書の作成が可能。基本的な物件データは、登録済みの物件情報から自動的に入力。
      • デジタルカメラを活用して、外観や室内などのイメージデータを取り込み、デジタルカラー複合機「イマジオカラーシリーズ」を利用してカラーの物件案内書の作成が可能。
  • 5. 目的にあったさまざまな顧客管理が行えます。
      • 売買編では、物件情報に応じた顧客リストやDM用宛名ラベル印刷が可能。
      • 賃貸編では、各物件の更新状況を容易に確認することが可能。貸主、借主への更新のご案内書を容易に作成することが可能。
  • *このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。