Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

紙文書、受信FAXの電子化から配信、個人文書管理までを統合処理する汎用パッケージ
「RIDOC Standard」を新発売

1999年6月14日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、オフィスのドキュメントワークフローを改善し、TCO削減と業務の効率化、生産性の向上を実現する汎用パッケージシステム「RIDOC Standard(リドックスタンダード)」を新発売いたします。
新製品は、新たに発売するドキュメントハンドリングソフト「Ridoc Desk(リドック デスク) V2」と、既に発売しご好評をいただいているデジタル複合機「イマジオシリーズ※」やイメージ配信ソフト「リモートSCAN」を組み合わせてパッケージ化したものです。
さらに、リコーの統合文書管理システム「LIFISA(リフィーサ)」を拡張することで、文書の共有化・一元管理についても対応いたします。
  • イマジオMF3530/同MF3570/ MF4570
  • 製品名 Ridoc Desk V2 RIDOC Standard
    標準価格 13,000円 3,619,800円(標準システム)
    発売日 1999年6月16日 1999年6月21日
    販売本数 1,000セット/月
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金に消費税は含まれておりません。
  • *標準価格は、クライアント数やシステム構成により異なります。システム構成例および価格の詳細は こちらをご参照ください。
  •  デジタル・ネットワークが進展するなか、オフィスには電子文書が飛躍的に増大しております。しかしFAX受信やプリント出力など、依然として多くの紙文書も存在しており、これら紙文書と電子文書を融合した効率的なドキュメント環境の構築は、お客様の大きな関心事となっております。
     「RIDOC Standard」は、ロータス社のNotesやMicrosoft社のExchangeなど、各種グループウエアや、統合文書管理システム「LIFISA」とのシームレスな連携を実現しております。紙文書を電子化し個人レベルで行う文書管理・活用から、グループワークにおけるドキュメントフローの改善まで、お客様の状況に合わせてハード・ソフトを組み合わせ、ソリューションを提供することにより、TCO削減や業務の効率化、生産性の向上を実現いたします。
    <RIDOC Standardの主な特徴>
  • 1.紙文書やファクス受信文書をクライアントに配信し、ペーパーレスを実現します。
      • 紙文書をスキャニングして電子化したものや、ファクスの受信文書を簡単にネットワーク上のクライアントパソコンへダイレクト配信。
      • 情報伝達が迅速に行われるうえ、ペーパーレスを実現することで用紙コストや人件費を削減
  • 2.Ridoc Desk」により、電子文書、紙文書を簡単に統合管理できます。
      • ドキュメントハンドリングソフト「Ridoc Desk V2」上で、さまざまなアプリケーションで作成した電子文書からスキャニングした紙文書や写真まで、統合的な一元管理を実現。
      • エクスプローラ感覚のツリービューと、登録文書のサムネール画像(縮小表紙一覧)表示により、簡単に文書の保管、検索が可能。
      • ドラッグ&ドロップの直感的な操作でファイルを束ねたり、電子メールへの添付や印刷指示ができるなど、簡単操作を実現。
  • 3.業界標準のファイルフォーマットに対応しています。
      • PDF、 TIFF、JPEG、BMPなど、業界標準のファイルフォーマットを採用。汎用性の高いフォーマットに対応することで既存のデータベースと高い親和性を発揮。システムの移行もスムーズに行うことが可能。
      • 電子文書はアプリケーションのファイル形式のままで保存することが可能。
  • 4.各種グループウエアやインターネットとのシームレスな連携を実現しました。
      • Lotus NotesやMicrosoft Exchangeなど、各種グループウエアと連携が可能なため、グループでの文書共有や効率的な文書活用が可能。登録した文書は、メールとして指定先に配信したり、データベースに格納することが可能。
      • Webサーバーを経由し、ブラウザにより簡単にデータの閲覧やダウンロードが可能。インターネットやイントラネットを通じて各個人のメールアドレスへの配信も実現。
  • 5.「LIFISA」との連携により、共有文書の統合管理が可能です。
      • 統合文書管理システム「LIFISA」との連携により、LIFISAに保管したデータをRidoc Desk上で閲覧することが可能。グループワークにおける文書共有・活用からドキュメントフローの改善まで、お客様の状況に合わせたソリューションのご提供が可能。
  • <Ridoc Desk V2の標準価格>
    商品名 標準価格
    Ridoc DeskV2 13,000円
    Ridoc Desk 追加ライセンス5パック 36,000円
    Ridoc Desk 追加ライセンス10パック 65,000円
    Ridoc Desk 追加ライセンス25パック 161,000円
    Ridoc Desk 追加ライセンス50パック 273,000円
    Ridoc Desk 追加ライセンス100パック 510,000円
    <RIDOC Standardの標準価格>
    • RIDOC Standard 標準システムの推奨構成例および価格
    Ridoc Deskクライアント×10台+リモートSCAN×1台+MF4570 モデル765×1台
    総合計 3,619,800円
  • 別途、設置調整料が必要になります。
    ・本構成では、クライアントパソコンやWindows NT Server 4.0及びCAL(クライアントアクセスライセンス)の金額は含んでおりません。別途必要になります。
  • • RIDOC Standard 最小システムの推奨構成例および価格
    Ridoc Deskクライアント×1台+MF4570 モデル75×1台
    総合計 2,260,200円
  • 別途、設置調整料が必要になります。
    本構成ではクライアントパソコンの金額は含んでおりません。別途必要になります。
  • *このニュースリリースに掲載されている会社名、商品名は各社の商標および登録商標です。