Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

52インチディスプレイにタッチパネル機能を融合したマルチメディアボード
「リコー メディアサイト MB2-50Xシリーズ」を新発売

1998年11月5日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、大型デジタルフラットディスプレイにタッチパネル機能を融合したマルチメディアボードとして、52インチの大画面ディスプレイの搭載とXGA(=1,024×768ドット)の高精細表示を実現した「リコー メディアサイト MB2-50Xシリーズ」を開発し、新発売いたします。
製品名 リコー メディアサイト MB2-50XF
リコー メディアサイト MB2-50XS
標準価格 オープン
発売日 1998年11月下旬
販売台数 年間3,000台
 新製品「リコー メディアサイト MB2-50Xシリーズ」は、パソコンの大型ディスプレイ、タッチパネル、テレビモニター、スピーカー、電子黒板などの機能を1台に融合することにより、パソコンデータの大画面表示、指先での画面上への自由な書き込みやパソコンの操作、ビデオ動画・音声の再生などが可能なマルチメディアボードです。
 鮮明表示の大画面上でインタラクティブな操作が可能なため、単なるプレゼンテーションにとどまらず、会議や打ち合わせなどでのコラボレーション、学校や塾での授業など、ビジネスや教育の現場での様々なイメージコミュニケーションに大きな威力を発揮します。

 従来製品に比べ、より大画面化(52インチ)、高精細表示(XGA=1,024×768ドット)、明るい画面(最大580カンデラ)を実現しており、40インチ画面の従来機とのラインアップ化により、より幅広いニーズに対応いたします。
<リコー メディアサイト MB2-50Xシリーズの主な特徴>
  • 1.52インチの大型デジタルフラットディスプレイにタッチパネル機能を融合しました。
      • 超音波表面弾性波方式により、52インチの大型ディスプレイに完全透明タッチパネル機能を融合。
      • プロジェクターに迫る大画面で、しかもXGA(1,024×768ドット)の高精細表示、最大580カンデラの明るい表示により、動画にも対応できる美しい画面を実現。
      • 表示画面上に指先で書き込むことが可能で、色や太さの設定も自由自在。手書き文字認識機能も装備。
      • 画面上を指先でなぞることで、マウスと同様のパソコン操作も可能。
  • 2.パソコンに加え、各種情報機器、AV機器を接続できます。
      • AV機器の接続端子と収納スペースを装備。デジタルカメラやDVDプレイヤー、ビデオなどを接続し、明るく見やすい大画面TVモニターとしても使用可能。
      • スピーカーを内蔵。外部スピーカーを接続することも可能。
  • 3.設置・操作が簡単なオールインワンを実現しています。
      • パソコンハードおよびWindows+MS Officeをプレインストール。Windowsパソコンとしての汎用性も提供。(MB2-50XFモデル)
      • タッチパネルの画像位置の設定が不要。(MB2-50XFモデル)
      • 手書き機能ソフトのインストールや立上げが不要。(MB2-50XFモデル)
      • 大型キャスター付きで可搬性を確保。
  • 4.システム拡張性や将来への発展性を確保しています。
      • LANやインターネットなどのネットワーク接続が可能。
      • TV会議システムなどへのアプリケーション展開も可能。
  • 5.カラーレーザープリンター「イプシオカラー2000」の収納が可能です。
      • リコーの高速・高画質カラーレーザープリンター「イプシオカラー2000」の収納スペースを確保。「メディアサイト MB2-50Xシリーズ」の接続プリンターとして最適。
  • リコー メディアサイト MB2-50XF
    リコー メディアサイト MB2-50XF