Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、「Ridoc GlobalScan」を新発売
~オフィス文書の電子化/配信を効率化し、文書管理業務を強力サポート~

2009年9月2日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、デジタル複合機(MFP)「imagio MPシリーズ」と連動して、スキャンデータやファクス受信したイメージデータを文書管理システムなどにシームレスに配信するアプリケーションソフト「Ridoc GlobalScan(リドック グローバルスキャン)」を9月7日に新発売いたします。本製品は、米国を中心に年間1万ライセンス以上の販売実績を持つ「GlobalScan」の後継商品として開発し、グローバルに販売する製品の日本語対応版です。海外市場でも今後順次販売を開始いたします。
製品名 Ridoc GlobalScan
価格例
(基本パッケージ)
150,000円(消費税別)
(1サーバーライセンスと1デバイスライセンス)
発売日 2009年9月7日
販売数量 年間6,000本
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  急激に変化する経済環境の中で企業は、経営上のリスクにも柔軟に対応できる、変化に強いITインフラ構築が求められています。具体的には、内部統制を軸に、業務そのもの、特に文書管理業務の見直しが急務となっています。しかしながら、電子化した文書をシステム上で有効活用するための課題は多く、TCO削減を含め、お悩みを持つお客様も多いのが現状です。リコーは、このようなお客様の課題に対し、コストを抑えながら、文書管理の効率化と管理された文書の有効活用を同時に実現するためのソリューションとして、「Ridoc GlobalScan」を提供いたします。

     新製品「Ridoc GlobalScan」は、スキャンデータやファクス受信したデータの配信フローを自由に作成したり、MFPの操作画面のカスタマイズを可能にします。利用者は直感的な操作でスキャン、配信を行うことができます。また同製品は、リコーの文書管理システム「Ridoc Document Server」やマイクロソフトの「Microsoft® Office SharePoint® Server (MOSS) 2007」など、WebDAV※1プロトコルに対応しているシステムとのデータ連携が可能です。これにより、配信されたデータをそのままシステム上で活用することができます。
     さらに、リコーの「Ridoc FAX Transmitter/Ridoc FAX Order-Flow」との組み合わせで、ファクス受発注業務を効率化できるなど、お客様の業務を強力にサポートいたします。

     「Ridoc GlobalScan」には、(1)サーバーレスで運用する「ライトモード」と、(2)サーバー1台で複数台のMFPと連携できることに加え、複数のサーバーを連携した運用も可能な「スタンダードモード」の2つのモードがあります。これにより、部門単位での導入にも全社レベルでの導入にも対応した柔軟なシステム構築が可能になります。またライセンスの提供形態には、接続したMFPの台数に応じてライセンスを追加できる方式(デバイスライセンス)を採用したことで、より手軽に、低コストでシステムを構成することが可能です。
  • ※1WebDAV(Web-based Distributed Authoring and Versioning)は、WWWでファイルの転送に使われるHTTPを拡張し、クライアント(Webブラウザ)からWebサーバー上のファイルやフォルダを管理できるようにした仕様。
  • <新製品「Ridoc GlobalScan」の主な特徴>
    1. 複数サーバーを立てる高度な運用から、サーバーレスの簡易運用まで、柔軟なシステム構成が可能
    「Ridoc GlobalScan」がインストールされたサーバー上でスキャン文書やファクス受信文書の天地識別、テキスト付きPDFやパスワード付きPDFの作成が可能です。
    メインサーバーから複数のロードバランスサーバーにジョブを自動分散することで、メインサーバーの負荷を軽減し、膨大なデータを効率よく処理できます。同時に数百のジョブ処理を必要とする組織の業務に有効です。
    メインサーバーに、万一接続エラーなどの障害が発生した場合、セカンダリー配信サーバーにジョブ処理が自動で引継がれます。基幹業務においても安心してご利用いただけます。
    サーバーレスのライトモードでは、専用のサーバーが不要で、「Ridoc GlobalScan」がインストールされたMFPが、フォルダ配信、メール配信、FTP配信、WebDAV配信などの処理を実行可能です。これにより、ネットワークサーバーの運用コストが削減可能です。
    2. WebDAVプロトコルの採用や文書情報の同時配信により、基幹システムや既存の文書管理システムとのスムーズな連携を実現
    Microsoft Windows、Mac OS X、Linux、UNIXなど、プラットフォームの違いを意識することなくファイル・アクセスを実現。既存の基幹システムや文書管理システムで、スキャンした文書を活用することができます。
    スキャンデータの文書情報を、XSLTのスタイルシートで指定することで、任意のファイル形式に変更可能。他のシステムでの文書検索などの活用を容易にします。
    3. 操作パネルの表示、配信フローを容易にカスタマイズ可能
    利用者が操作で迷わない直感的なユーザーインターフェースが作成可能です。また、操作ステップ数が少ないだけではなく、スキャンプレビュー機能搭載により、スキャンミスを軽減可能です。
    文書情報の入力設定をあらかじめ統一することが可能。これにより、管理者の業務の標準化をサポートします。
    管理ツールを活用することで、配信フロー設計や機器の一括管理も容易にできます。管理ツールはWebブラウザを利用するため、専用ソフトのインストールは不要です。
    4. お客様の業務に合わせて「さらに高度に使いやすく」活用が可能(オプション対応)
    「バーコード認識フィルタープラグイン(オプション)」
    文書プロパティや配信先データが埋め込まれたバーコードを認識することができ、文書の自動登録・振り分けが可能です。
    「SharePoint Server 2007配信サービスプラグイン(オプション)」
    電子化した文書に文書情報を載せてMOSS 2007やWindows® SharePoint Services(WSS) 3.0のライブラリーへ配信することが可能です。これにより、文書情報を共有化することができます。
    「ファイル自動入力プラグイン(オプション)」
    「Ridoc GlobalScan」がインストールされたサーバーが、特定のフォルダを定期的に監視。ファイルがある場合は自動で引き取り、メール配信やフォルダ配信が可能になります。
    本製品をご使用いただく際には、下記製品が必要となります。
    デジタル複合機「imagioシリーズ」の下記対応機種(株式会社リコー)
    imagio MP C7500/C6000/C5000/C4000/C3300/C2800/C2200
    imagio MP 9001/7501/6001/5000/4000/3350/2550
    デジタル複合機「imagioシリーズ」のオプション(株式会社リコー)
    imagio VMカード 標準価格20,000円(消費税別)
    ※imagioの対応機種により、カードタイプは異なります。
    Ridoc GlobalScan

    Ridoc GlobalScan
  • Microsoft、Windows、SharePointは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
    この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)