Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

紙文書をスキャンした後のデータを有効活用できるソフトウエア
「HGPscanPro for カンタン文書登録」を販売開始
~カンタン文書登録の操作ステップで、スキャン文書を「テキスト付PDF」に変換して保存~

2009年7月9日
株式会社ハイパーギア

 株式会社ハイパーギア(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本田克己) と株式会社リコー(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:近藤史朗)は、リコーのMFP「imagioシリーズ」上で稼働する「imagio カンタン文書登録 V2 タイプA」と連携して、大量の紙文書を簡単に全文検索可能なテキスト付PDFに変換して保存できる『HGPscanPro for カンタン文書登録』を、7月24日から販売いたします。
  本ソリューションは「imagio カンタン文書登録 V2」の簡単な操作性をそのまま維持しながら、お客様からの要望が多かった「テキスト付PDF」に変換し、保存することを実現するソリューションです。ハイパーギアがリコーの推進する「Operius(オペリウス)」の開発パートナーとして、リコーの技術協力のもとに開発したもので、Operius認定商品としてリコーグループの各販売会社から販売します。

  MFP上で稼動する「imagio カンタン文書登録 V2」と、『HGPscanPro for カンタン文書登録』を組み合わせて利用することで、MFPのタッチパネルから保存先フォルダを選択し、紙文書をスキャンするだけで、保存先のフォルダにはテキスト付PDFが保存されます。これまでどおり、紙文書をスキャンする際にはTIFF、JPEG、PDFのファイル形式から選択でき、それぞれのファイルのテキスト変換に対応しています。これにより、「imagio カンタン文書登録 V2」の操作性はそのままに、高度な文書管理、運用の仕組みを簡単に構築することができるようになるため、情報システム部門や専門のIT担当者などが不在の企業や事業所等でも有効活用できます。さらに、あらかじめ設定することにより、テキスト付PDFで保存するのと同時に暗号化PDFにして保存することもできるため、セキュアな文書管理が実現できます。
本連携プログラムをご使用頂く際には、下記製品が必要となります。
下記ソフトウエア(株式会社ハイパーギア)
HGPscanPro for カンタン文書登録 標準価格 78,000円(税別)
デジタル複合機「imagioシリーズ」の下記対応機種(株式会社リコー)
imagio MP C7500/C6000/C5000it/C4000it/ C5000/C4000/C3300/C2800/C2200
imagio MP 9001/7501/6001/5000/4000/3350/2550
デジタル複合機「imagioシリーズ」のオプション(株式会社リコー)
imagio カンタン文書登録 V2 タイプA 標準価格78,000円(税別) (7/24発売予定)
imagio VMカード 20,000円(税別)
※imagioの対応機種により、カードタイプは異なります。
上記の各社製品につきましては、各社ホームページを参照してください。
HGPscanPro for カンタン文書登録について
株式会社ハイパーギア ホームページ http://www.hypergear.com/index.html
デジタル複合機「imagioシリーズ」について
株式会社リコー ホームページ http://www.ricoh.co.jp/

このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)