Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

動画とスライドの統合コンテンツを簡単・スピーディに作成できるソフトウエア
MPMeisterII」を新発売

2006年2月8日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光)は、ビデオ動画・音声とPowerPoint®スライドを統合したWebコンテンツを簡単・スピーディに作成できるソフトウエア「MPMeisterII(エムピーマイスター ツー)」を開発し、新発売いたします。
製品名 MPMeisterII
標準価格 600,000円(税込み630,000円)/1CPUにつき
発売日 2006年2月9日
年間出荷本数 300本
  • *標準価格は、ソフトウエアのみの価格です。保守料金、PCやデジタルビデオカメラなどの機材は含みません。
  • *保守料金は別途頂戴します。(税抜き100,000円/年間、税込み105,000円/年間)
  • *インストールサービス、導入教育、その他各種サービスをご用意しております。
  • *販売は原則関東地区となります。その他の地域は別途ご相談ください。
  •  新製品「MPMeisterII」は、講演会や勉強会などでのプレゼンテーションの映像と説明用スライド、目次が一体となったWebコンテンツを素早く自動生成できるソフトウエアとして2003年4月に発売以来機能強化を重ねてきた「MPMeister」の新バージョンです。
     今回のバージョンアップでは、(1)編集機能の強化、(2)収録時の操作性の向上、(3)コンテンツ管理機能の充実、(4)コンテンツの表示・印刷機能のバリエーション拡大により、ご利用いただけるシーンを広げるとともに、コンテンツの収録・編集・活用時の使い勝手を大幅に高めました。
    <MPMeisterIIにおける主な機能強化ポイント>
    1. 編集機能を強化することにより、ご利用シーンを大幅に広げました。
    従来の目次・タイトル編集機能などに加え、不要部分の削除、スライドの入れ替え、ビデオの挿入、スライド切り替えタイミングの調整などが可能に。
    これにより、プレゼンテーションにおける失敗部分の差し替え、分割して収録したコンテンツの統合、別々に用意したビデオデータとスライドデータを組み合わせたコンテンツの作成などが可能に。
    従来の中心用途だったプレゼンテーションコンテンツだけでなく、社内研修用のe-learningコンテンツや社内広報用の社長スピーチコンテンツ、セールスマン向けの商品紹介コンテンツ、サービスマン向けの技術マニュアル、学校用のマルチメディア図鑑などの作成に幅広く活用可能。
    編集機能を活用することで、プレゼンテーション内に含まれる個人情報や社外秘情報が内部データからも完全に削除されるので、セキュリティ面も安心。
    2. 収録時の操作性を向上しました。
    用意された4つの収録コースのアイコンからお好みのものを選んで、撮影ボタンを押すだけの簡単操作で収録開始。終了後約1分後(コンテンツのデータ量により異なります)にビデオとスライドを統合したコンテンツを自動生成。
    <4つの収録コース>
    (1) 1台のパソコンで1つのプレゼンテーションを収録
    (2) 1台のパソコンで順次行われる複数のプレゼンテーションを収録
    (3) 広い会場などで2台のパソコンで収録
    (4) ビデオとスライドを別々に収録
    3. コンテンツ管理機能を充実しました。
    収録したコンテンツをトップ画面で一覧表示。
    目的のコンテンツをクリックし、すぐに再生、編集、Web配信/CD用データ書き出しが可能。
    複数のコンテンツを含んだCD用データの書き出し時には、視聴用のトップ画面を自動生成。(CD書き込み時には別途ライターソフトが必要です)
    4. コンテンツの表示・印刷機能のバリエーションを拡大しました。
    32種類の豊富なレイアウトを用意。その一つとして、視聴者が動画とスライドをいつでも切り替えられるレイアウトを用意。ビデオを大きくしたり、スライドを大きくしたりが自由自在に。
    サムネール形式でスライド資料の表示が可能。これをWebブラウザ印刷機能でプリントアウトすることが可能。
    従来から好評のSCORM1.2(e-learningコンテンツの世界標準)対応コンテンツ作成機能も搭載。
    ご参考
    <MPMeisterについて>
     「MPMeister」は、プレゼンテーションでの話者をはじめとした各種映像、音声、説明用スライド、目次が一体となったWebコンテンツをわずか1分程度 (60分程度のプレゼンテーションの場合)で簡単に生成することができるソフトウエアです。
    ※条件により異なります。
     「MPMeister」をご利用いただくことにより、プレゼンテーション終了後にすぐにWeb上でその内容を公開したり、CDで配布することが可能です。また、各種オリジナルコンテンツを自社内で容易に作成できますので、コストの大幅削減も実現できます。

    コンテンツ作成の仕組みは以下の通り大変容易です。
    1) 映像、音声をカメラ(DVカメラ、Webカメラ)を通じて直接パソコンのハードディスクに記録。
    2) 発表時の説明用スライドの切り替えタイミングを自動記録。
    3) 映像データとスライドデータ、スライドの切り替えタイミングをもとに、Webコンテンツを自動生成。その際、
    スライドデータをもとに目次データを自動で生成。
    レイアウト、背景は、豊富に用意したテンプレートから簡単選択。
    コンテンツ生成時にタイトルや発表者名、日時などの情報を自動設定。同時に、概要や著作権表示などコンテンツ管理に必要なデータを入力することも可能な上、コンテンツ管理機能により、蓄積されたコンテンツの閲覧、編集、削除なども容易。

    MPMeisterIIのコンテンツ画面
    MPMeisterIIのコンテンツ画面
    MPMeisterIIの編集画面
    MPMeisterIIの編集画面
  • Microsoft、Windows、PowerPoint、Windows Media、は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Intel、Pentiumはアメリカ合衆国及びその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースに記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)