Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

カタログやチラシ、メニューなどを簡単に作成できるカラーリーフレット作成ソフト
「カラーアペンド リーフレット IV」を新発売

2003年12月4日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、カラー画像入りのカタログやチラシ、メニューなどのカラーリーフレットを簡単に作成できるソフトウエア「カラーアペンド リーフレット IV」を開発し、新発売いたします。
製品名 カラーアペンド リーフレット IV
標準価格 128,000円
発売日 2003年12月8日
年間出荷本数 500本/年間
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  新製品「カラーアペンド リーフレット IV」は、512種類のテンプレートと、約400種類の背景イメージを組み合わせ、画面上で合成イメージを確認しながら、多彩なフォーマットが作成できます。あとは文字や写真の大きさを指定してレイアウトを完成し、写真を差し込むことでさまざまなカラーリーフレットの作成が簡単に行えるソフトウエアです。
     リコーは、「カラーアペンド リーフレット IV」と、カラー画像の入出力が可能なデジタルカラー融合機「imagio Neo C」やデジタルカメラ「Caplioシリーズ」などを組み合わせ、お客様のニーズに合わせたシステムとしてご提案をしてまいります。
    <新製品「カラーアペンド リーフレットIV」の主な特徴>
    1. テンプレートと背景イメージを組み合わせ、多彩なフォーマットが作成できます。
    カタログやチラシ、メニューなど、各種書類の書式やサイズ、掲載したい写真点数などに応じて選択できる512種類のテンプレートと約400種類の背景イメージを用意。テンプレートと背景イメージを選択し、画面上で合成イメージを確認しながらフォーマットを作成できる簡単操作を実現。
    背景イメージは、明るさやコントラスト、色相などを15種類の調整が可能。画面イメージを確認しながらアレンジすることで、簡単にオリジナルフォーマットの作成が可能。

    2. 写真や文字のレイアウトもイメージを確認しながら効率的に行えます。
    写真や文字の大きさを指定するレイアウト作業や写真の差し替え時に、常にプレビュー表示をする「ミニビュー」を新たに搭載。仕上がりをチェックしながら作業できるため効率的なリーフレット作成が可能。
    画像加工ソフトウエア「カラーアペンド フォトレーターLt」を同梱。写真データの色やサイズの修正などが可能。

    3. 書類を効率よく活用できる管理機能を搭載しています。
    仕上がった書類は、視覚的に検索しやすいよう、ツリー表示に加えてサムネイルでも一覧表示。
    プレビューデータを画像データ(bmp/jpg形式)で保存することが可能。E-Mailやホームページでの活用も容易。

  • *このニュースリリースに掲載されている会社名、商品名は各社の商標および登録商標です。