Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

プレゼンテーションの映像、スライド、目次を組み合わせたWebコンテンツの自動生成ソフト
「MPMeister」を販売開始

2003年4月17日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、講演会やオフィスなどでのプレゼンテーションの映像、説明用スライドデータ、目次を組み合わせたWebコンテンツをスピーディに自動生成できるソフトウエア「MPMeister(エムピーマイスター)」の販売を開始いたします。
 「MPMeister」は、昨年10月に開催されたWPC EXPO 2002に参考出展して以来、社内発表会や各種セミナーなどで試用してまいりました。
製品名 MPMeister
標準価格 98万円
発売日 2003年4月18日
年間出荷本数 100本
  • *標準価格は、ソフトウエアのみの価格です。PCやデジタルビデオカメラ、LANカードなどは含みません。
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  「MPMeister」を利用したシステムは、発表者用のクライアントノートPC、撮影側コンソール用ノートPC、デジタルビデオカメラから構成されます。それぞれのPCは、クライアント用ソフト、コンソール用ソフトを導入した上で、無線LAN等で接続、一方、コンソール用PCとビデオカメラはIEEE1394で接続します。
    コンテンツ作成における処理の流れは次の通りです。

    (1) プレゼンテーションの話者の映像、音声をビデオカメラから直接ハードディスクに記録。撮影開始および終了指示は、発表者用クライアントPCおよび撮影側コンソールPCで制御可能。

    (2) 発表時のPowerPointスライドの切り替えタイミングを記録。

    (3) 映像データとスライドデータ、スライドの切り替えタイミングをもとに、Webコンテンツを自動生成。

     「MPMeister」をご利用いただくことにより、プレゼンテーション終了後、すぐにWeb上でプレゼンテーションの内容を公開することが可能となるとともに、作成コストの削減も実現できます。特に、社内の技術発表や講演記録、教育分野、ガイダンスなどに最適です。
    <MPMeisterの主な特徴>
    1. プレゼンテーションのWebコンテンツをスピーディに作成できます。
      • 映像、スライド、目次を組み合わせたWebコンテンツをわずか1分程度(60分程度のプレゼンテーションの場合)で生成することが可能。
      • 目次データもPowerPoint資料から自動的に抽出。
      • スライドのページ推移は、戻りやジャンプを含め、実際のプレゼンテーションでの推移をそのまま再現。時間の短いページは、指定により自動的にカットすることも可能。

    2. 多彩なレイアウト機能を備えています。
      • レイアウト、背景は、豊富に用意したテンプレートから選択するだけ。

    3. 生成されたデータは、ストリーミング配信、CDのどちらでも公開可能です。
      • できあがったWebコンテンツは、ストリーミング版として、アクセスポイントのURLを指定し、アップロードすることが可能。
      • そのままCDやDVDに保存して再生することも可能。

    4. MPEG-7に対応しています。
      • 動画・音声などマルチメディアデータの内容記述体系の国際標準であるMPEG-7に対応。
      • コンテンツ生成時にタイトルや発表社名、日次などの情報を自動設定。同時に、概要や著作権表示などコンテンツ管理に必要なデータを入力することも可能。
      • 将来コンテンツが大量に蓄積された際、検索が容易に。
    MPMeisterで生成されたWebコンテンツの例
    MPMeisterで生成されたWebコンテンツの例

    このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)