Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

カタログやチラシを簡単に作成するためのカラーリーフレット作成支援ソフト
「スキャン トゥ リーフレット」を新発売

2002年11月14日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、カラー画像データ入りのカタログやチラシ、名刺などの作成業務を支援するソフトウエア「スキャン トゥ リーフレット」を開発し、新発売いたします。
 新製品は、スキャナーで読み込んだ書類のレイアウトを認識すると同時に、その書類の中の写真や文字それぞれを、画像ファイルやテキストデータとして自動変換し、パソコン上に保存できるソフトウエアです。
 カラー写真やイラストを使ってカタログやチラシ、顔写真入りの名刺を簡単に低コストで作成できる画像編集・管理ソフト「カラーアペンドシステム」とあわせてご活用いただくことにより、画像やテキストを差し替えるだけの簡単操作でカタログやチラシ、名刺などを作成できます。
 リコーでは、これらのアプリケーションソフトと、カラー画像の入出力が可能なデジタルカラー融合機「imagio Neo C240/C320シリーズ」などを組み合わせて、お客様の業務に合わせたご提案をしてまいります。
製品名 スキャン トゥ リーフレット
標準価格 48,000円
発売日 2002年11月15日
販売数量 300本/年間
  • * このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • <新製品スキャン トゥ リーフレットの主な特徴>
    1. 既存の書類のレイアウトや写真、文字を認識することが可能です。
      参考にしたい書類をTWAINスキャナーで読み取ったり、既存のイメージデータを選択して、書類全体のレイアウトや構成要素(写真、文字など)を認識。
    写真は画像データ、文字はOCR処理をしてテキストデータに自動変換。認識した領域ごとに、画像はサムネイルで、文字はテキストデータで表示することが可能。
    2. リーフレット作成ソフトとの連携でカタログやチラシの作成が簡単に行えます。
    カラーリーフレット作成ソフトウエア「カラーアペンド リーフレットIII」(2001年7月発売、標準価格:128,000円)とあわせてご活用いただくことで、既存の書類のデザインを活用し、画像やテキストを差し替えるだけの簡単操作で、カタログやチラシを作成することが可能。
    貼り付ける画像の選択は、サムネイル画像(縮小表紙一覧)を見ながら行えるため、確実・迅速な作業が可能。
    サイズやレイアウトの変更、調整も容易。
    3. 名刺作成ソフトと連携することで、名刺の作成も簡単に行えます。
    顔写真入りの名刺が簡単に作成できる「カラーアペンド 名刺作成システム III」(2001年7月発売、標準価格:128,000円)と連携することで、名刺の作成も容易。
    いつでも必要な時に必要な枚数だけ作成できるため、経費の削減に貢献。
    4. 写真アルバムのデジタル化が効率的に行えます。
    銀塩写真のアルバムをスキャナーで読み取り、「画像の一括保存」機能を活用することで、写真のデジタルデータ化も容易。
    5. ワープロソフトWordやプレゼンテーションソフトPower Pointにも対応します。
    (2003年2月対応予定)
    「スキャン トゥ リーフレット」で保存した認識結果をMicrosoft社のWordやPower Pointで活用することも可能。
  • * このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • スキャン トゥ リーフレットの画面例
    スキャン トゥ リーフレットの画面例

    このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)