Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、定型書類作成ソフトの計算機能や宛名印刷機能などを強化
「スーパーフォーム V3」を新発売

2000年11月9日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長:桜井正光)は、スキャナーで読み込んだ見積書や申請書などの最適な位置に文字を入力・印刷できる定型書類作成ソフトとして、見積書などの作成時における複数ページにわたる計算式の入力や、既存の住所録データを利用した宛名の連続印刷の実現など、数々の機能強化を実現した「スーパーフォーム V3」を開発し、新発売いたします。
製品名 スーパーフォーム V3
標準価格 198,000円
発売日 2000年11月17日
販売目標 700本/年
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • 「スーパーフォーム V3」は、1999年5月に発売した定型書類作成ソフト「スーパー フォーム V2」を機能強化したものです。
    従来からの特徴である自由な文字フォントの選択や充実した計算機能、スキャナーで読み取ったフォームの文字OCR/罫線トレース(清書)機能、日本語ワープロ「リポート」で作成した定型書類データの読み込み機能などに加え、より迅速・簡単に美しい定型書類を作成していただくために、次の機能強化を実現いたしました。
    <スーパーフォーム V3の主な強化ポイント>
  • 1.複数ページにわたる見積書などにも簡単に計算式の入力が可能です。
      • 商品点数の多い見積書など複数ページにわたるデータの小計・総合計の計算が、マウスでアイコンを指定する簡単操作で可能。入力・計算の手間を大幅に削減。
  • 2.CSVデータを利用して、宛名の連続印刷が可能です。
      • CSV形式のデータを取り込んで、印刷項目を定義することで、はがきやラベルシールに宛名を連続して印刷することが可能。
      • 既存の住所録データの活用により、再入力の手間が不要に。
  • 3.外部単価マスターデータの取り込みが可能です。
      • 建設・設備業様などでの詳細な部材見積り時に、部材名称や単価の入力を、経済調査会や建設物価調査会などの市販外部単価マスターデータから取り込むことが可能。
  • 4.コクヨ・ヒサゴの見積フォーマットを収録しました。
      • コクヨ株式会社およびヒサゴ株式会社の見積書様式22種類をテンプレート化して収録。スキャニングや領域設定、計算式入力などの手間を省き、ご購入後すぐに活用可能。
  • 5.複数ページの一括挿入・削除が可能です。
      • 99ページまでの複数ページを1ページ単位で一つの文書に一括挿入可能。また、不要になったページの一括削除も可能。
  • *このニュースリリースに掲載されている会社名、商品名は各社の商標および登録商標です。