Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

会計業務パッケージ用の入力ツールとして最適なNotes用アプリケーションソフト
「キャッシュレスシステム V1.1」「支払システム V1.1」を新発売

1999年4月19日
株式会社リコー


 株式会社リコーは、ロータス社「Lotus Notes」上で、入出金の申請・承認業務を各申請者、承認者、経理担当区の各ワークフローにおいて簡単・効率的に、しかもキャッシュレスで行うことが可能なアプリケーションソフトウエアの新製品2種を新発売いたします。
 新製品は、 (1)出張精算や交通費精算などが行える「キャッシュレスシステム V1.1」と(2)物品購入をした際の請求書の処理などを効率化する「支払システム V1.1」です。
製品名 キャッシュレスシステム V1.1 支払システム V1.1
標準価格 600,000円から 450,000円から
発売日 1999年5月14日
販売本数 240本/年
*このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
*標準価格は、1サーバーの場合です。サーバー数ごとの価格の詳細は3ページをご参照ください。
 新製品「キャッシュレスシステム V1.1」は、「キャッシュレスシステム V1.0」(1998年8月発売)の強化版で、一方「支払システム V1.1」は、今回新たに発売するものです。各システムで処理したデータを会計業務パッケージソフトで活用するための連携機能を強化しており、ERPパッケージなどの分散入力ツールとして最適です。
<キャッシュレスシステム V1.1と支払システム V1.1の主な特徴>
  • 1.ERPパッケージなど、会計業務パッケージとの連携を強化しました。
      • 各システムで処理したデータを会計業務パッケージソフトで活用するための連携機能を強化。各システムで処理し、経理担当区で電子承認したデータをテキストデータとして書き出すことが可能なため、ERPパッケージなどの分散入力ツールとして最適。
      • 入力画面が見やすいうえ、会計業務パッケージソフトで会計処理する際に必要となる項目の入力も、マスターから選択するだけの簡単操作を実現。マスターには任意の項目を最大4つまで追加することが可能。
  • 2.簡単・効率的で、しかもキャッシュレスなシステム運用が可能です。
      • 各個人ごとに出金伝票、支払伝票を作成し、メールを使ってスピーディに承認処理を行うことが可能。承認後は経理担当区に自動的にデータが転送されるため、再入力や再計算が不要。
      • 領収証などを添付した伝票を回覧するような、紙ベースでの運用にも対応。伝票に、バーコードが自動印刷される為、領収書/請求書と電子伝票との照合作業が簡単。
      • 全銀協フォーマットに合わせた振込依頼テキストデータの出力機能によりキャッシュレスな運用が可能。
  • 3.キャッシュレスシステムには、3つのサブシステムを用意しております。
      • 「通常交通費V1.1」、「出張管理V1.1」、「物品購入管理V1.1」の3つのサブシステムを用意。用途に応じてシステムを拡張することにより、より一層使い勝手が向上。各種申請書の作成やワークフローを利用した申請処理などが簡単に行えます。
      • 「通常交通費V1.1」、「出張管理V1.1」では、路線・運賃早分かりソフト「駅すぱあと」(開発・販売:株式会社ヴァル研究所)との連携を実現。「駅すぱあと」で検索した結果をそのまま入力できるため、さらに効率的な作業を実現。
  • *このニュースリリースに掲載されている会社名、商品名は各社の商標および登録商標です。