Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

紙文書を指定したパソコンに配信できるA3対応のネットワークカラースキャナー
「IPSiO SCAN 3000DC」を新発売

2000年12月19日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、ネットワークへのダイレクト接続を実現したA3対応のカラーイメージスキャナー「IPSiO SCAN 3000 DC」を開発し、新発売いたします。
 新製品は、配信ソフトと大型操作パネルの搭載により、オフィスの紙文書を簡単な操作で電子化し、ネットワーク上の指定したパソコンに配信することが可能です。自動両面読み取りが可能なADF(自動原稿送り装置)を標準搭載したフラッドベッドタイプのスキャナーとして、シート原稿/ブック原稿の2ウェイ入力を実現しております。
製品名 IPSiO SCAN 3000DC
標準価格 398,000円
発売日 2001年1月下旬
月販台数 500台
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  新製品「IPSiO SCAN 3000DC」は、スキャナーの新ブランド「IPSiO SCAN」シリーズの第1弾として発売するものです。プリンターの「IPSiO」シリーズに加え、今回のネットワーク対応スキャナー、さらにソフトウエアなどを組み合わせ、ネットワーク環境でのドキュメントワークフローに対するソリューションを提供してまいります。
    <新製品IPSiO SCAN 3000DCの主な特徴>
  • 1.ネットワークへのダイレクト接続により、手軽に共有できます。
      • 単体のカラースキャナーとして初めてネットワークへのダイレクト接続を実現。オフィスの共有スキャナーとして紙文書を手軽に電子化。
      • レイアウトが自由に行えるうえ、増設も容易。
  • 2.用途に応じた2通りのワークフローをご提供いたします。
    • (1)配信スキャン:簡単な操作で読み取った原稿を配信することが可能。
      • 読み込みたい紙文書をセットし、宛先をパネル上で指定してスタートボタンを押すだけで、電子化したデータをネットワーク上の指定したクライアントやサーバーに配信することが可能。
        • ネットワーク上に配信SCANサーバーの設置が必要です。
      • 漢字で宛先を表示できる液晶画面や、テンキーを装備した大型操作パネルの搭載により、コピー/ファクス感覚の簡単操作を実現。宛先指定を画面上で簡単に行えるほか、濃度や解像度の変更も、スキャン時に画面上で行うことが可能。
      • 配信するデータ形式はTIFFやPDF、JPEGなど、業界標準フォーマットを採用。
      • 個人文書管理ソフト「Ridoc Desk2000-Lt」を同梱。スキャナーからダイレクトに「Ridoc Desk2000-Lt」のフォルダに取り込むことが可能。
    • (2)ネットワークTWAIN:各クライアントのTWAIN対応ソフトから操作が可能
      • ネットワークTWAINドライバーを同梱。ネットワークのダイレクト接続が可能なため、スキャナー専用のパソコンなしで、各クライアントから直接読み取りが可能。
        • ネットワーク上に配信SCANサーバー等は必要ありません。
  • 3.両面ADF標準搭載&ブック読み取りの2ウェイ入力が可能です。
      • 自動両面読み取りできるADF(自動原稿送り装置)を標準搭載。ブック読み取りとあわせ、2ウェイ入力が可能。大量の書類などのシート原稿はADFで、小さな伝票や写真、図面などは圧板でと、用途に応じて使い分けることが可能。
      • ADFは、35kg~110kg(41g/?~128g/?)※1の厚紙にも対応。また最長2m※2までの長尺原稿にも対応するなど、幅広い用紙対応を実現。 ※1…片面時 ※2片面モノクロ時
  • 4.自動用紙サイズ検知機能を搭載しています。
      • 自動用紙サイズ検知機能により、読み込むたびにサイズを指定する手間を削減。
  • 5.600dpiの高画質読み取りとsRGBダイレクト出力を実現しています。
      • 600dpiの高解像度で鮮明、高精細なカラー画像読み取りが可能。
      • スキャナー本体からダイレクトにsRGB 出力できるため、OSに依存することなくカラーマッチングが可能。ドライバーやアプリケーションなど、パソコン側でsRGB に変換する手間を削減し、高速に処理。※Microsoft社が提唱するWindows標準の色空間
  • *このニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • IPSiO SCAN 3000DC
    IPSiO SCAN 3000DC