Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

低ランニングコストと省エネルギーを実現するジェルジェットプリンター
「IPSiO GX e5500シリーズ/ e2600シリーズ」を新発売

2009年11月19日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、インクジェット方式とレーザー方式の優れた技術を兼ね備えたリコー独自のジェルジェットプリンターの新製品として、高速・高画質・低コストを実現したA4判対応の新世代モデル「IPSiO(イプシオ)GX e5500シリーズ/e2600シリーズ」の2機種4モデルを新発売いたします。
 A4判対応のジェルジェットプリンターの新世代機種として、2009年5月に発売した「IPSiO GX e3300シリーズ」(標準価格:31,800円~、連続プリント速度:29枚/分)と合わせて、豊富なラインアップと機能でお客様にご提供します。
製品名 IPSiO GX e5500 IPSiO GX e5500
フロント手差し
モデル
IPSiO GX e2600 IPSiO GX e2600
安心3年モデル
本体標準価格
(消費税別)
61,800円 76,800円 24,800円 34,800円
連続プリント速度 30枚/分(A4横送り) 25枚/分(A4横送り)
保証期間 3年間無償保証 1年間無償保証 1年間無償保証
+2年間保守付
発売日 2010年2月19日 2009年12月16日
月販台数 2,000台 2,000台
 「IPSiO GX e5500シリーズ」は、IPSiO GX 5000シリーズ(2006年4月発売)の後継機種として、また「IPSiO GX e2600シリーズ」は、IPSiO GX 2500シリーズ(2007年9月発売)の後継機種として、それぞれ発売いたします。ともに従来機種よりもファーストプリントを高速化し、さらなる生産性の向上を実現しています。また、IPSiO GX e3300シリーズで好評の低カラーコスト出力に寄与する「新レベルカラー印刷機能」の搭載、消費電力の低減、カラーユニバーサルデザイン認証の取得、環境対応の強化などを実現しています。
 これまで、ジェルジェットプリンターを多く導入していただいた医療現場、教育現場、小売業、金融業などをはじめ、さまざまな業種・業務向けプリンターとして、また一般オフィスにおいても部門ごとに出力分散機として設置いただくことも可能で、さまざまなビジネスニーズにお応えするマシンです。
<新製品 IPSiO GX e5500シリーズ/e2600シリーズの主な特徴>
1. モノクロ並みのランニングコストでカラードキュメントの印刷が可能*1
リコー独自の「新レベルカラー印刷機能」を搭載。原稿に応じて最適なインクの濃度調整を行い、文字はくっきりと、イラストやグラフなどのイメージは濃度を落とした経済的な印刷が可能です。
*1原稿内容によってコストは異なります。

2. 低消費電力など優れた環境性能を実現
IPSiO GX e2600シリーズの動作時平均消費電力は36W以下*2と蛍光灯並みの低電力を実現。また、省エネモード時の消費電力も、1.4W以下と低電力を実現しています。
バイオマス由来のプラスチックを本体の部品に採用し、バイオマスマーク認証を取得。これにより、環境負荷低減に寄与します。
*2IPSiO GX e5500シリーズは、動作時平均消費電力は38W以下、 省エネモード時の消費電力は3.5W以下。

3. アクセシビリティにも配慮した、優れた操作性を実現
色覚の個人差を問わずできるだけ多くの方に見やすいように配慮し、オペレーションパネルなどを設計。これにより、カラーユニバーサルデザイン認証を取得しました。
オペレーションパネルの操作はもちろん、用紙補給、インク交換、万一の紙詰まりの除去など、日常的な使用はすべて前面による操作が可能です。
オペレーションパネルは、3段階に角度を変えることが可能。これにより、本体の設置場所に応じた快適な視認性を確保します。

4. ビジネスの現場で有効なファーストプリント速度を達成
IPSiO GX e5500シリーズは、従来機種(IPSiO GX 5000シリーズ)と比較して、カラーのファーストプリントは、3秒以下から2.6秒以下*3にスピードアップしました。
IPSiO GX e2600シリーズは、従来機種(IPSiO GX 2500シリーズ)と比較して、カラーのファーストプリントは、4秒以下から3秒以下*3にスピードアップしました。
*3A4縦送り、「高速」モード、リコーオリジナルチャート。
  印字速度は、原稿、印字品質等により異なります。

5. マルチ手差しフィーダーや増設トレイ*4の装着により、大量給紙、多彩な用紙に対応
オプションとして「マルチ手差しフィーダー BY1030」(2010年2月19日発売予定)を用意。封筒、はがき、ラベル紙など、多彩な用紙に対応できるため、さまざまな業種業務でのご活用が可能です。
さらにオプションの増設トレイ*4と組み合わせることで、IPSiO GX e5500は、最大1,450枚の給紙が可能で、印刷枚数の多い業務でも頻繁な用紙交換が不要です。
*4増設トレイはIPSiO GX e5500シリーズ専用のオプションとなります。

6. 標準でネットワークプリンターとして活躍(IPSiO GX e5500シリーズのみ)
「ネットワークボード」を標準で搭載。ネットワークプリンターとして、ビジネスシーンですぐに活躍します。

7. フロント手差しモデルを用意(IPSiO GX e5500シリーズのみ)
本体前面から用紙が簡単にセットできるフロント手差しを装備。使いたい用紙にすぐに印刷できるため、調剤薬局での薬歴簿の追記印刷や患者ごとの帳票印刷をはじめ、さまざまな業種業務に対応します。
<新製品 IPSiO GX e5500シリーズ/e2600シリーズの消耗品>
商品名 サイズ 対応機種 標準価格
(消費税別)
GXカートリッジブラック(GC31KH) L e5500シリーズ 6,000円
GXカートリッジシアン(GC31CH)、
マゼンタ(GC31MH)、イエロー(GC31YH)
L 5,290円
GXカートリッジブラック(GC31K) M e5500シリーズ
e2600シリーズ
e3300シリーズ*
4,350円
GXカートリッジシアン(GC31C)、
マゼンタ(GC31M)、イエロー(GC31Y)
M 3,400円
GXカートリッジブラック(GC31KS) S 1,680円
GXカートリッジシアン(GC31CS)、
マゼンタ(GC31MS)、イエロー(GC31YS)
S 1,760円
IPSiO GX廃インクボックス タイプe5500 e5500シリーズ 1,300円
IPSiO GX廃インクボックス タイプe3300 e2600シリーズ
e3300シリーズ*
1,300円
*IPSiO GX e3300シリーズは、2009年5月発売
IPSiO GX e5500
IPSiO GX e5500
IPSiO GX e2600
IPSiO GX e2600
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。