Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

データセンター市場のニーズに対応する基幹系業務用モノクロ高速プリンター
「RICOH Pro 1357シリーズ/1107シリーズ」を新発売

2009年7月6日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、データセンター市場向けのモノクロプリンターの新製品として、高い生産性と安定性を兼ね備えた「RICOH Pro 1357シリーズ/1107シリーズ」の2シリーズ4モデルを開発し、新発売いたします。
  新製品「RICOH Pro 1357シリーズ/1107シリーズ」は、「IPSiO SP 9301Proシリーズ/9300Proシリーズ(2005年12月発売、毎分92/70枚出力*1)」の後継機種として、発売します。
製品名 RICOH Pro
1357
RICOH Pro
1357M
RICOH Pro
1107
RICOH Pro
1107M
標準価格(消費税別) 7,698,000円 5,998,000円
連続プリント速度*1 135枚/分 110枚/分
保守契約体系 年間保守 M-PaC保守*2 年間保守 M-PaC保守*2
発売日 2009年7月14日
販売台数 250台/年
  • *1 A4横送り
    *2 M-PaC保守は、トナーや感光体などの費用を含んだカウンター方式の保守システムです。毎月の出力枚数に応じた保守料金をお支払いいただくことで、定期交換部品の交換、万一の故障時の修理などをリコーのカスタマーエンジニアが実施するため、機器の管理負荷を軽減するほか、コストの平準化が図れます。
  •  新製品は、データセンター市場において特に基幹系の業務用出力機として求められる、高い生産性と安定性を兼ね備え、また多彩なオプションにより、印刷後の紙折りや中綴じ製本、小口裁断などにも対応します。
      新製品の発売により、高速プリンターのラインアップの充実を図り、製造業、金融業、流通業、自治体などのデータセンターへの導入に加え、出力業務を請け負う印刷事業者、システムインテグレーターへの導入も促進してまいります。
      こうした充実の性能を低価格で提供することにより、お客様のTCO削減に貢献します。
    <新製品 RICOH Pro 1357シリーズ/1107シリーズの主な特徴>
    1. 2つのCPUの搭載により、生産性の向上を実現しています。
    プリンター用とシステム制御用の2つのCPUを搭載。これにより、大量のデータも高速処理が可能となり、業務集中時も高い生産性を発揮。
    RICOH Pro 1357シリーズは連続プリント速度135枚/分*1、RICOH Pro 1107シリーズは110枚/分*1の高速出力を実現。
    ファーストプリントも4.3秒以下*2と、1枚目から高速性能を実現。
    *1 A4横送り。
    *2 A4横送り。RICOH Pro 1357シリーズの場合。RICOH Pro 1107シリーズは5.0秒以下。

    2. 幅広い用紙対応力で、さまざまな帳票出力ニーズに応えます。
    40g/㎡の薄紙から300g/㎡の厚紙に対応し、コート紙、ラベル紙、ノンカーボン紙、圧着紙など、さまざまな用紙への出力が可能。
    用紙のカールを低減するデカーラユニットを標準搭載。

    3. 先進技術の搭載により、マシンの安定した稼動を実現します。
    超音波による用紙の重送検知機構を採用。高い信頼性を発揮し、印刷後の検品作業の負荷を軽減。
    現像剤の攪拌(かくはん)性を向上させた現像ユニットを採用。さらに、濃度調整制御技術により、月末などのピーク時でも、安定した高品質の画像出力が可能。
    万一、排紙オプション内で紙詰まりが発生した場合、本体内部に残る用紙をパージトレイに一括排紙できるため、ダウンタイムの短縮が可能。
    月間最大約100万ページ、トータルで約6,000万ページの高耐久性を実現。

    4. 印刷後の紙処理のための多彩なオプションを用意しています。
    「リコー 2500枚フィニッシャー SR5020GH」を装着することで、印刷後の丁合から4ポジションのステープルや中綴じステープルが可能。さらに「リコー トリマー TR5020GH」により、中綴じステープル後の小口裁断が可能。
    印刷した用紙を5,000枚収容できる「リコー 5000枚スタッカー SK5010GH」を用意。2台を連結できるため、最大10,000枚を収容することが可能。
    給紙オプションも充実。「リコー A3LCT RT5040GH」は最大4,000枚(A3)、「リコーA4LCT RT5030GH」は最大5,000枚(A4)の大容量給紙が可能。

    5. セキュリティ機能の充実により、出力業務の安全性を管理します。
    スタッカーとLCTの施錠が可能。これにより機密性の高い業務管理をサポート。
    HDD内の残存データやユーザーデータをオプションのセキュリティカードにより消去することが可能。
    RICOH Pro 1357
    RICOH Pro 1357
    (オプションを装着したもの)
  • Microsoft、Windows、Windows 2000、Windows XP、Windows Vista、Windows Server 2003/2003 R2及びWindows Server 2008は、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
    Mac OS は米国及び他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
    Adobe、PostScriptは米国及びその他の国におけるAdobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
    この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。