Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

コンパクトボディと高生産性を両立したA4カラーレーザープリンターと複合機
IPSiO SP C310」と「IPSiO SP C301SF」を新発売

2009年1月13日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、A4判対応のカラーレーザープリンターの新製品として、連続プリント速度がカラー毎分25枚(A4縦送り)の「IPSiO(イプシオ) SP C310」と、カラーレーザー複合機で連続プリント速度がカラー毎分20枚(A4縦送り)の「IPSiO SP C301SF」を開発し、新発売いたします。
製品名 IPSiO SP C310 IPSiO SP C301SF
製品カテゴリー カラーレーザープリンター カラーレーザー複合機
標準価格(消費税別) 123,000円 オープン価格
連続プリント速度(A4縦送り) 25枚/分 20枚/分
発売日 2009年2月2日
月販台数 1,500台 1,000台
 新製品「IPSiO SP C310」は、「IPSiO SP C220」(2008年1月発売)の上位ラインアップ機として発売するもので、連続プリント速度(A4縦送り)は毎分25枚*1と高速で、また自動両面機能を標準搭載し、よりプリントボリュームの多いお客様のニーズに対応します。
 新製品「IPSiO SP C301SF」は、「IPSiO SP C221SF」(2008年5月発売)の上位ラインアップ機として発売するもので、セキュリティ機能の強化に加え、低ランニングコストを実現する新たな機能を搭載しました。
 ともに高い生産性を持ちながら、コンパクトかつスタイリッシュなボディを実現しており、一般オフィスから個人事務所・小規模店舗など限られたスペースへの設置が可能です。病院・診療所などの医療現場や流通・サービス業、大学研究室など、さまざまなシーンで性能を発揮します。
  • *1IPSiO SP C220の連続プリント速度は、毎分16枚(A4縦送り)IPSiO SP C220の連続プリント速度は、毎分16枚(A4縦送り)IPSiO SP C220の連続プリント速度は、毎分16枚(A4縦送り)
  • <新製品 IPSiO SP C310の主な特徴>
    1. 高い生産性能を持ちながら、コンパクト設計を実現しています。
    連続プリント速度は、カラー/モノクロともに毎分25枚(A4縦送り)と高速。また自動両面印刷機能を標準で搭載し、両面時もカラー/モノクロともに毎分25ページ(A4縦送り)を実現。
    トナーカートリッジの小型化に加え、4色のカートリッジの間隔を縮小することにより、本体寸法は400(W)×480(D)×387(H)mmと、モノクロ機並みのコンパクト設計を実現。

    2. 幅広い用紙対応力により、さまざまな業種・業務での活用が可能です。
    手差しトレイには、最大100枚の給紙が可能。60~200g/m2の幅広い紙厚の用紙をセットでき、郵便はがきはもちろん、封筒や厚紙などの特殊用紙も給紙可能。
    オプションの増設トレイ(500枚給紙)を装着することにより、最大1,100枚の大量給紙が可能。

    3. 高画質かつ高品位なアウトプットを実現します。
    9,600dpi相当×600dpiの高解像度印刷に加え、オイルレストナーの採用により、テカリの少ない高画質かつ高品位なアウトプットを実現。
    画像位置の誤差を検出し、補正を行う自動画像位置調整機能を搭載。また、独自のアルゴリズムで倍率補正も行い高品質を実現。

    4. 使用する人のことを配慮した設計により、優れた操作性を実現しています。
    トナーカートリッジの交換や用紙の補給、万が一の紙詰まり処理も本体前面から操作することが可能。
    用紙残量ゲージを装備しており、用紙の残量確認が簡単。
    本体の各種設定をパソコンから行える専用ユーティリティーソフト「Smart Organizing Monitor」を同梱

    5. 消費電力量を低減するなど、優れた環境性能を実現しています。
    国際エネルギースタープログラム、日本エコマークのプリンタ基準、グリーン購入法などの各種環境基準に適合。
    ベルト定着方式の採用により定着部の熱効率を高め、低電力化を実現。これにより、CO2排出量の削減に貢献。

    6. 低ランニングコストの実現により、手軽にご導入いただけます。
    ニーズに合わせた2種類の容量のトナーを用意。大容量トナー使用時の1枚あたりのコストは、フルカラーで約12.0円、モノクロで約3.0円の低ランニングコストを実現*2
    トナーセーブモード選択時は、トナーの使用量を抑えて印刷することができ、更なるランニングコストの低減に貢献。
    *2 A4サイズにて各色5%原稿を連続印刷した場合。
    <新製品 IPSiO SP C301SFの主な特徴>
    1. コンパクトボディに4つの機能を搭載しました。
    カラーレーザープリンターをベースとし、さらにカラーコピー、ファクス、カラースキャナーと合わせて4つの機能を搭載しながらも、本体寸法は420(W)×493(D)×476(H)mmと、コンパクト設計を実現。
    連続プリントおよびコピー速度は、カラー/モノクロともに毎分20枚(A4縦送り)と快速。

    2. 低ランニングコストの実現により、手軽にご導入いただけます。
    ニーズに合わせた2種類の容量のトナーを用意。大容量トナー使用時の1枚あたりのコストは、フルカラーで約12.0円、モノクロで約3.0円の低ランニングコストを実現*3
    トナーセーブモード選択時は、トナーの使用量を抑えて印刷することができ、更なるランニングコストの低減に貢献。
    *3 A4サイズにて各色5%原稿を連続印刷した場合

    3. 大切な情報資産を守るセキュリティ機能を搭載しています。
    操作パネルでパスワード入力することではじめて印刷することができる「機密印刷機能」を搭載。共有プリンターとして使用する場合の情報漏えいを抑止。
    操作パネルと管理パスワードを活用して、使用者ごとに利用できる複合機の機能(コピー、スキャナー、ファクス送信)を制限することが可能。

    4. コスト削減に貢献するさまざまなファクス機能を搭載しています。
    パソコンから直接相手先のファクスに送信できる「PC ファクス機能」を搭載。ファクス送信のために、プリントアウトする必要がないため、紙やトナーの消費を抑える上、席を立たずにファクスできるため、コスト削減と作業効率の向上を実現。
    また、ビジネスファクスの多くで採用されている通信モード、「Super G3」に対応。

    5. 用紙の節約に役立つ多彩なコピー機能を搭載しています。
    両面コピー、集約コピー、両面集約コピー機能の活用により、用紙の節約が可能。
    カードの表面と裏面を連続して読み取り、用紙の上下に集約してコピーする「IDカードコピー機能」を搭載。免許証や保険証などの控えをとる際に便利。
    IPSiO SP C310
    IPSiO SP C310
    IPSiO SP C301SF
    IPSiO SP C301SF
  • Microsoft、Windows、はMicrosoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • Adobe、PostScriptは米国及びその他の国におけるAdobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)