Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、カラープロダクションプリンターのラインアップを強化
スキャナー装着モデル「RICOH Pro C900s」を新発売
~ カラー/モノクロともに毎分90ページ(A4ヨコ)の高速コピー/プリントを実現 ~

2009年1月8日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、POD(プリントオンデマンド)ニーズに対応するカラープロダクションプリンターのラインアップを強化し、「RICOH Pro C900s」を新発売いたします。
 新製品「RICOH Pro C900s」は、クラス*1最高となるカラー/モノクロともに毎分90ページ(A4ヨコ)の高速プリントやプロダクション市場で求められる高画質出力、高い安定性・信頼性を実現した「RICOH Pro C900」(2008年10月発売)をベースに、新たにスキャナーを装着したモデルです。カラー/モノクロともに毎分90ページ(A4ヨコ)の高速コピーや、カラー/モノクロともに毎分75ページ(A4ヨコ)の高速スキャンなど、高い生産性を実現しています。
  • *1本体標準価格が3,000万円以下のカラープロダクションプリンターにおいて(2009年1月7日現在)
  • 製品名 RICOH Pro C900s
    標準価格(消費税別) 1,520万円
    発売日 2009年2月
    販売台数 200台/年間
  • このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  商用印刷市場や企業内印刷市場では、印刷物の多品種・少ロット化により必要な時に必要な部数を低コストで印刷できるカラーPOD(プリントオンデマンド)に対するニーズが拡大しています。近年、印刷する原稿をデータで入稿することが増えつつある一方で、まだ完全データとしての紙での入稿も多くあります。
     今回のスキャナー装着モデルの発売により、紙での入稿に対応するほか、ドキュメントの電子化サービスに対応するなど、大企業や自治体の集中コピー室、複写加工業でのビジネス拡大に貢献いたします。
     リコーは、「RICOH Pro C900s」の発売に加え、共通の操作性を実現した毎分135ページ(A4ヨコ)のモノクロデジタル複合機「RICOH Pro 1357EX」、毎分110ページ(A4ヨコ)の「RICOH Pro 1107EX」、毎分90ページ(A4ヨコ)の 「RICOH Pro 907EX」を発売し、プロダクション市場向けのラインアップを拡充いたします。
    <新製品 RICOH Pro C900s の主な特徴>
    1. クラス最速のカラー/モノクロともに毎分90ページ(A4ヨコ)の高速コピーを実現しました。
    クラス最速となるカラー/モノクロともに毎分90ページ(A4ヨコ)の高速プリントに加え、毎分90ページ(A4ヨコ)の高速コピーを実現。しかも60~300g/m2までの全ての紙厚で同速となる高生産性を発揮。紙で入稿された場合でも高い生産性を実現。
    業界初のリング製本*2をはじめ、大容量スタッカー*3や中綴じ製本など、多彩な後処理オプションを用意。印刷後の後処理を大幅に短縮。
    *2 2009年春に対応予定  *3 2009年春に発売予定

    2. カラー/モノクロともに毎分75ページ(A4ヨコ)の高速スキャンを実現しました。
    カラー/モノクロともに毎分75ページ(A4ヨコ)の高速スキャンを実現。
    「スキャン to フォルダー」や、「スキャン to E-Mail」「スキャン to URL」など多彩なスキャナー機能を搭載。

    3. 安定した高画質出力を実現しています。
    リアル1,200dpiの高解像度出力に加え、(1)常にフレッシュな現像剤を供給することで安定した高画質を実現するトナー補給システム、(2)連続ジョブでの色再現を安定させる長寿命感光体(Advanced Stabilization OPC)、(3)色ズレを防止するために中間転写ベルトの蛇行や速度をリアルタイムに制御する機構、などの採用により、プロダクション市場で求められる高画質出力を安定して行うことが可能。
    用紙のスキュー補正や位置(レジスト)合わせを高精度に行う独自のレジストレーション調整機構を搭載。

    4. ダウンタイムを最小化することで、業務効率を向上します。
    本体標準の7,150枚給紙に加え、オプションで最大12,100枚の大量給紙が可能。さらに稼動中に用紙やトナーの補給が可能。消耗品切れによるダウンタイムを未然に防止することが可能。
    用紙の透過光を検出することで用紙の重送による白紙の混入を防止する「重送検知機構」を標準搭載。面倒な検品の手間を省き、業務効率を向上。

    5. 高機能Fieryコントローラーを標準搭載しており、ワークフローを効率化します。
    高画質・高機能のPostScriptコントローラーとして、プロダクション市場で多くの実績を誇るEFI社のFieryコントローラー(サーバー版)を標準搭載。
    印刷ジョブを効率的に管理するユーティリティーソフト「Command WorkStation」を搭載。「RICOH Pro C900s」の大型カラー液晶タッチパネルに「Command WorkStation」の簡易画面を表示し、再印刷指示などを効率的に行うことが可能。
    EFI社のカラーアーキテクチャー「ColorWise Pro Tools」を搭載。さらにオプションで「EFI Color Profiler Suite」に対応。高度なカラー管理が可能。
    RICOH Pro C900s(オプションを装着したもの)
    RICOH Pro C900s
    (オプションを装着したもの)
  • EFI、Fiery及びCommand WorkStationは、Electronics for Imaging, Inc.の米国及びその他の国における登録商標です。
  • Adobe, PostScriptは米国及びその他の国におけるAdobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。
  • Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。