Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

コンパクトながら毎分24枚(A4縦送り)の連続印刷が可能なA4モノクロレーザープリンター
IPSiO SP 3100」を新発売

2007年1月10日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光)は、コンパクトながら毎分24枚(A4縦送り)の高速連続印刷が可能なA4モノクロレーザープリンター「IPSiO SP 3100」を新発売いたします。
製品名 IPSiO SP 3100
標準価格(消費税別) 59,800円
発売日 2007年1月22日
月販台数 1,000台
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  新製品「IPSiO SP 3100」は、「IPSiO NX60S」(2004年5月発売、本体標準価格:59,800円)の後継機として、連続印刷速度を大幅に向上※1したものです。コンパクト設計のモノクロレーザープリンターとして、店舗窓口業務での伝票発行用プリンターに、また病院の受付・診察室などで利用するオーダリングシステムや電子カルテシステム用プリンターに、さらに一般オフィスのデスクサイドプリンターに最適です。
  • ※1従来機「IPSiO NX60S」は、モノクロ毎分18枚(A4縦送り)
  • <新製品 IPSiO SP 3100の主な特徴>
    1. 連続印刷速度を毎分24枚(A4縦送り)に向上しました。
      連続印刷速度を大幅に向上し、毎分24枚(A4縦送り)を実現。ファーストプリントも10秒以下に向上。 ※従来機「IPSiO NX60S」は毎分18枚、ファーストプリント12秒以下。

    2. コンパクト設計です。
      本体サイズは371(W)×384(D)×246(H)mmとコンパクト。
      店舗窓口、病院の受付や診察室など、スペースが限られた場所での使用に最適。

    3. 最大で3ウェイ550枚給紙を実現しました。
      標準の給紙トレイ(250枚)+手差し(50枚)に加え、オプションの給紙トレイ(250枚)の装着により、2段トレイ+手差しによる最大550枚の給紙が可能。

    4. 優れた操作性を備えています。
      消耗品の交換や用紙の補給を前面から簡単に行うことが可能。
      用紙残量ゲージの採用により用紙残量の確認も容易。動画による電子操作ガイドも採用。
      ランニングコストは3.3円/枚※2と、コスト削減に貢献。
    ※2 A4サイズ縦送りにて5%原稿を連続印刷した場合の目安です。
    IPSiO SP 3100
    IPSiO SP 3100
  • Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • この他、ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)