Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

毎分156ページの高速印刷/8,000万ページの耐久性を実現した「IPSiO SP 9500Pro」など、
高速・高生産性と高信頼性を兼ね備えた基幹システム向けプリンターを新発売

2005年12月14日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光)は、基幹システム市場におけるプリンティングソリューションの強化に向け、高速・高生産性と高信頼性を兼ね備えた基幹システム向けモノクロプリンター4機種6モデルを新発売します。
 今回新たにラインアップするのは、片面・両面ともに毎分156ページ※1の高速印刷と8,000万ページ※1の耐久性を実現した最上位機「IPSiO SP 9500Pro」や、片面毎分92ページ・両面184ページ※1の高生産性を発揮する「IPSiO SP 9302Pro」、片面・両面ともに毎分92ページ※1の「IPSiO SP 9301Pro」「同9301UT Pro」、片面・両面ともに毎分70ページ※1の「IPSiO SP 9300Pro」「同9300UT Pro」です。
※1 A4横送り

 新製品は、リコープリンティングシステムズ株式会社が開発・生産したものとして初めてリコーブランドで発売するものです。官庁や公共機関、通信業界や金融業界などで発行する通知書や請求書などの各種帳票を大量に印刷するためのセンタープリンターとしてご提案してまいります。
製品名 IPSiO SP 9500Pro IPSiO SP 9302Pro
標準価格(消費税別) 4,654万円 1,228万円
発売日 2005年12月16日
月販台数 20台/年
製品名 IPSiO
SP 9301Pro
IPSiO
SP 9301UT Pro
IPSiO
SP 9300Pro
IPSiO
SP 9300UT Pro
標準価格(消費税別) 568万円 653万円 445万円 507万円
発売日 2005年12月16日
月販台数 100台/年
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  •  近年、基幹システムのオープン化にともない、基幹システムからの大量の帳票印刷を行うプリンターに対しても、オープン化やダウンサイジング化、さらに分散印刷へのニーズが高まっています。
     リコーは、帳票の集中印刷を行うセンタープリンターから、各拠点で分散印刷を行うデスクトッププリンターまでの豊富なラインアップを実現し、それらを組み合わせた効率的なプリンティング環境をご提供することで、TCOの削減や業務負荷の軽減を実現いたします。
    <新製品 IPSiO SP 9500Proの主な特徴>
    1. 片面・両面ともに毎分156ページ(A4横送り)の高速印刷を実現しました。
      片面・両面ともに毎分156ページ(A4横送り)の高速印刷を実現。高性能RISCプロセッサPowerPC®750FXを採用したコントローラーを採用しており、大規模な基幹システムで求められる高生産性を発揮。

    2. 最大8,000万ページ(A4横送り)の高耐久性を実現しました。
      高耐久性構造により、最大8,000万ページ(A4横送り)の高信頼性と安定した印刷品質を提供。月間90万ページから450万ページまでの印刷が可能なため、月次処理業務などの集中印刷にも対応。

    3. 最大9,500枚の大量給紙/最大8,100枚の大量排紙に対応しています。
      標準で3,500枚、オプションの増設トレイの装着により、最大9,500枚の給紙が可能。
      排紙は標準で4,100枚、オプションの増設スタッカーの装着により、最大8,100枚の大量排紙が可能。大量印刷ニーズに対応。

    4. 印刷中にもトナー補給が行えるなど、ダウンタイムを大幅に軽減します。
      印刷中でもトナー補給を行うことが可能。ダウンタイムを軽減。
      空気圧で給紙するエアーピックメカニズムを採用。高速給紙の信頼性を高め、用紙ジャムの発生率を大幅に軽減。
    <新製品 IPSiO SP 9302Proの主な特徴>
    1. 両面毎分184ページ(A4横送り)の高速印刷を実現しました。
      2連タンデムエンジンの採用により、モノクロで毎分184ページ(A4横送り)の高速両面印刷を実現。片面印刷は毎分92枚(A4横送り)。

    2. スポットカラー印刷機能により、ブラックとレッドなどの2色印刷が行えます。
      ブラックのほか、もう一色(レッド/ブルー/グリーン)を加えたスポットカラー印刷が可能。請求書への朱印はもちろん、表現力の求められる文書に2色印刷で対応。

    3. モノクロ両面印刷時で最大6,000万ページ(A4横送り)の高耐久性を実現しました。
      モノクロ両面印刷時は、最大6,000万ページ(A4横送り)、スポットカラー印刷時は最大3,000万ページ(A4横送り)の高耐久設計。

    4. 最大6,150枚の大量給紙/最大6,100枚の大量排紙に対応しています。
      標準で3,150枚、オプションの増設トレイの装着により、最大6,150枚の給紙が可能。
      オプションの増設スタッカーを2台装着することで、最大6,100枚の大量排紙が可能。
    <新製品 IPSiO SP 9301Pro/同9301UT Pro/同9300Pro/同9300UT Proの主な特徴>
    1. 片面・両面ともに毎分92ページ(A4横送り)の高速印刷です。
    (IPSiO SP 9301Pro/同9301UT Pro)
      IPSiO SP 9301Pro/同9301UT Proは、片面・両面ともに毎分92ページ(A4横送り)の高速印刷が可能。
      IPSiO SP 9300Pro/同9300UT Proは、片面・両面ともに毎分70ページ(A4横送り)。
      オプションの増設スタッカーを2台装着することで、最大6,100枚の大量排紙が可能。

    2. 最大3,000万ページ(A4横送り)の高耐久設計です。
    (IPSiO SP 9301Pro/同9301UT Pro)
      IPSiO SP 9301Pro/同9301UT Proは、最大3,000万ページ(A4横送り)の高耐久設計。
      IPSiO SP 9300Pro/同9300UT Proは、最大2,000万ページ(A4横送り)。

    3. 圧着紙やA3ワイド(309×457mm)などの不定形用紙への印刷が可能です。
      請求書などで利用されるケースが多い圧着紙に対応。公共機関や金融、流通など、さまざまな業種・業務で活用することが可能。
      標準トレイで不定形サイズに対応※2。最大でA3ワイド(309×457mm)への印刷が可能。
    ※2 IPSiO SP 9301Proおよび同9300Proのトレイ1は不定形サイズに対応していません。

    4. オプションの装着により、中折り・中綴じなどの多彩な後処理が可能です。
      オプションの中綴じ対応フィニッシャー※3を装着することで、最大16枚まで中折り・中綴じ製本することが可能。
      さらに、A4サイズで最大50枚の冊子を連続して20部まで平綴じ製本することが可能。
    ※3 IPSiO SP 9300Proおよび同9300UT Proは対応していません。
    IPSiO SP9500Pro(オプションを装着したもの)
    IPSiO SP9500Pro
    (オプションを装着したもの)