Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

カラーPxPトナーの採用により、高画質を実現した高速カラーレーザープリンターを新発売
(1)クラス※1最速、カラー毎分35枚※2の最上位モデル「IPSiO CX9800」、「IPSiO CX9800M
(2)カラー毎分28枚※2のハイコストパフォーマンスモデル「IPSiO CX8800」、「IPSiO CX8800M

2005年6月28日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、カラーレーザープリンター「IPSiO CXシリーズ」の新製品として、(1)カラー/モノクロともに毎分35枚(A4横送り)の高速印刷が可能なシリーズ最上位モデル「IPSiO CX9800」とカウンター方式のM-PaC保守システムを採用した「IPSiO CX9800M」、(2)カラー毎分28枚/モノクロ毎分32枚(A4横送り)の高速印刷ながら、本体標準価格298,000円を実現したハイコストパフォーマンスモデル「IPSiO CX8800」とM-PaC保守システムを採用した「IPSiO CX8800M」のあわせて4機種を開発し、新発売いたします。
製品名 IPSiO CX9800 IPSiO CX9800M IPSiO CX8800 IPSiO CX8800M
標準価格(消費税別) 44万8千円 47万円 29万8千円 32万円
M-PaC保守システム※3 対応 対応
発売日 2005年7月5日
月販台数 3,000台
  • *このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
  • ※3: M-PACは、トナーや感光体などの費用を含んだカウンター方式の保守システムです。毎月の出力枚数に応じた保守料金をお支払いいただくことで、定期交換部品やトナーの交換、万一の故障時の修理などをリコーのカスタマーエンジニアが実施するため、機器の管理負荷を軽減するほか、コストの平準化が図れます。
    <新製品 IPSiO CX9800/CX9800M/CX8800/CX8800Mの主な特徴>
    1. カラーPxPトナーをレーザープリンターに初めて採用することで高画質を実現しました。
      均一な粒状と小粒径を実現したリコー独自の重合法によるカラーPxPトナーをレーザープリンターとして初めて採用。細部やグラデーションの再現性を大幅に向上したほか、ベタ部分の色ムラをより抑えることで、一層の高画質を実現。

    2. Celeron CPUをコントローラーに搭載することで、さらなる高速印刷を実現しました。
      新たにインテル社のCeleron CPU(733MHz)をコントローラーに採用。従来機と比べ、コントローラー性能を約2倍に向上し、データ処理速度を大幅に高速化。写真やイメージが含まれた大容量のデータも高速に印刷。
      「IPSiO CX9800」および「IPSiO CX9800M」は、クラス最速となる毎分35枚(A4横送り)の高速カラー印刷が可能。モノクロも毎分35枚(A4横送り)と高速。新たに両面印刷に標準で対応しており、カラー/モノクロともに毎分35ページ(A4横送り)の高速両面印刷が可能。
      「IPSiO CX8800」および「IPSiO CX8800M」は、従来機※4と比べカラーの連続印刷速度を向上。カラー毎分28枚(A4横送り)の高速印刷が可能。モノクロも毎分32枚(A4横送り)と高速。 ※4:従来機「IPSiO CX7500」は、カラー毎分24枚/モノクロ毎分32枚(A4横送り)

    3. ランニングコストをより一層低減しており、経済的な運用が可能です。
      「IPSiO CX9800」および「IPSiO CX8800」のランニングコストは、フルカラーで1枚約11.7円※5(A4)、モノクロも約2.7円※6(A4)と、従来機と比べ、一層の低コストを実現。
    ※5:カラー各色5%、合計20%チャートを連続印刷した場合 ※6:モノクロ5%チャートを連続印刷した場合
      新たに、カラー印刷を低ランニングコストで行える新トナーセーブモードを搭載。印刷内容を「文字」「図形・表・グラフ」「写真・イメージ」の3つのオブジェクトに分けて画像を処理し、文字はくっきり、図や写真などは淡く印刷することで、読みやすさとカラーの訴求力を活かしながらランニングコストを低減。

    4. 特殊用紙や長尺用紙対応により、POPやポスターの作成を社内で効率的に行えます。
      POP作成で使用される耐水紙や厚紙など、特定の特殊用紙への印刷が可能。それぞれの用紙に最適な印刷モードをトレイ毎に設定することが可能。スーパーの店舗などに貼る掲示物の作成を社内で効率的に行うことが可能。
      最大1,260mmまでの長尺用紙を手差しトレイから印刷することが可能※7。ポスターの作成も容易。
    ※7:128MB以上のメモリー増設が必要。1,200×1,200dpi印刷には対応していません。
      凸版印刷株式会社様のカラープロファイル調整ユーティリティーソフト「CS-Ez Profiler Ver1.0※8」に対応。ロゴマークの入った原稿やPOPなどの印刷時に求められる微妙な色調整が容易。
    ※8: http://www.cct-web.com/cs-ezprofiler/index.html で無料ダウンロードが可能
      外注していたPOPやチラシを社内で製作することで、納期短縮やコスト削減が可能。

    5. PictBridge対応により、デジタルカメラの画像をスピーディに印刷できます。
      デジタルカメラとプリンターを直接接続して印刷する「PictBridge規格」に対応。デジタルカメラで撮影した画像をパソコンなしで簡単かつスピーディに印刷することが可能。
      リコーのデジタルカメラ「Caplio R2S」や「Caplio 400G Wide」と接続した場合、プリンター本体に登録してあるリコーオリジナルのフォーマットに画像をはめ込んで印刷することが可能。例えば、工事現場の報告書の作成業務を大幅に効率化することが可能。

    6. 不正コピーガード機能など、各種セキュリティ機能に対応しました。
      プリンタードライバーの設定により、プリント時に特別な地紋を埋め込むことで、印刷した紙文書のセキュリティを確保するリコー独自の不正コピーガード機能に対応。リコーのデジタル複合機「imagio Neoシリーズ」の不正コピーガード機能に対応した機種でコピーした場合、全面グレーで印刷するため情報漏洩を防止。
      不正コピー抑止地紋印刷機能にも対応しており、情報漏洩を抑止。
      SSL(暗号化通信)によるセキュリティ印刷※9に対応。印刷データ盗聴による情報漏洩を防止。 ※9:SSL印刷は、Ridoc IO Navi、IPP出力時のみ有効です。

    7. M-PaC保守システムに対応しており、機器の管理負荷の軽減やコストの平準化が可能です。
    (「IPSiO CX9800M」および「IPSiO CX8800M」のみ)
      トナーや感光体などの消耗品、定期交換部品の料金や保守を含んだM-PaC保守システムを採用しており、機器の管理負荷を軽減。ご使用いただいた枚数に応じて保守料金をご請求するカウンター方式なため、ランニングコストの平準化が可能。
      ネットワーク上の出力機器をより快適に安心してご利用いただくための、LAN/ブロードバンド環境に対応したリモート管理サービス「@Remote」に対応。トナーの自動配送サービスやアラーム通報など、プリンターの効率的な運用を支援。
    IPSiO CX9800
    IPSiO CX9800